MotoGP

ペトルッチ『KTMが最後のチャンスかもしれない』

『ペトルッチ:KTMが最後のチャンスかもしれない』

★ダニーロ・ペトルッチは今年末にドゥカティファクトリーを辞め、2021年よりKTMテック3チームからモトGP参戦する。

★ペトルッチ選手のチーフメカニックにはセルジョ・ヴェルべーナ氏(イタリア人。今年はビンダー担当)が予定されている。

★なお、KTMは今年、ビンダーやオリヴェイラ、エスパルガロ選手らの表彰台獲得により、来年は優遇措置(コンセッション)を受けられない。

★先日、テストライダーのダニ・ペドロサとミカ・カリオがヘレスでテストを行った。

★ペトルッチ選手のコメント。

「これまでとは違う新しいマシンですからね…もう興味津々なんですよ。ただ、優遇措置がなくなってしまったから、テストが無制限にできなくなってしまったでしょ。だから、KTM機の初乗りは来年2月までお預けなんです。
でも、風洞テストは始めてるんですよ。重要なテストですよ…今年、僕は(ドゥカティで)トップスピードが大問題だったんだから。」

【KTM機には、すぐに合わせていけそう?】
「そう願ってます。今のところは、なんとも言い難いですけどね。
とにかくダニが超優秀だし、ポル(エスパルガロ)とは違い、それほど強いブレーキングはしないじゃないですか。
つまり、このマシンはどっちの乗り方でもOKなわけでしょ…アグレッシブでも、ソフトでもね。」

【冬季間はモトクロス等でトレーニングをしていくこととなる…】
「(KTMで)上手くいかなければ、もう自分にチャンスはそれほどないと思うんですよ…。
こうした環境の変化はポジティブなものになってくれると思ってますけどね。作業の進め方も、すっかり新しくなるんだろうし。」


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

今年のドゥカティ機は本当にベストマシンなのか?って話は、note『ポルトガルGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. だーと より:

    チャンス?
    何の?

  2. ミラノマルコ より:

    頑張ってペトルッチ

  3. nav. より:

    もー、気を使う相手なんていないんだから、がむしゃらにやってな!
    数年前のハングリーな印象のライディングが見たいわ!

  4. やっぱりoffが好き より:

    ハンマーチャンス

  5. より:

    このままトップチームには入れずに消えて行きそうだったからKTMが戦闘力上がってまた勝てるかもしれないってのは嬉しい誤算だろうな

  6. レース好き より:

    雨のダニーロと言えるくらいウェットでは速い
    私はストロングポイントは有ると思ってる。
    エンジンも今年と同じなら自分の乗り方が決まった時はミゲルみたいに勝つ可能性もあるんじゃないかな。
    何より気持ちの問題もあるだろうし、心機一転がんばれペトルッチ。

  7. すぱおー より:

    レディングと同じく苦労人なので応援したいが青山さんと接触しまくって謝らない頃がどうしてもひっかかってしまう。バウさんも

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP