MotoGP

ペトロナス『クアルタラローの問題点はなにか?』ラズラン・ラザリ

『ラザリ:クアルタラローの問題点はなにか?』

★ヤマハ・ペトロナスSRTは2020年、モトGPクラスで6勝をあげ、フランコ・モルビデッリが総合2位を獲得した。

★同チームのラズラン・ラザリ氏(チームマネージャー)が、最近、伊モトGPサイトのインタビューで次のように話した。

【クアルタラロー選手は2020年、3勝したにもかかわらず、総合2位となったモルビデッリ選手よりも安定性に欠け…なぜ、あれほど問題が噴出してしまったの?】
「2020年版マシンに依る面…それから、ファビオが各状況に対して経験不足だったと言うこと…この2つが合わさって、あんな風になってしまったのでしょうね。
物事がスムーズに行かないと、TVで観ていても分かる通り、ファビオは熱くなりすぎてしまうんですよ。状況によっては、もっと気持ちを落ち着けないとね。
マシンはフランキーのに比べて、多少問題が出ていましたね。まぁ、フランキーのマシンの方がテストを何度も重ねてきてるわけだし。2020年版の方は完全に新しいマシンで、じっくり試してみることもできなかったから。おそらく、充分なテストができなかったと言うことでしょうね。」

【2021年の目標は?全クラスで勝利することは可能だと思う?】
「ヤマハは20年以上前からプライベートチームを最高峰クラスに参戦させてるわけですが、2020年の我々の目標はそのヤマハのプライベートチームとして初の1勝をあげると言うものだったんです。
最終的には総合2位になり、タイトル争いをすることもできたわけですけどね。(2021年は)なんでも可能でしょう…マシンは昨年と同じなのだし。
モト3クラスでは、去年、タイトル争いをしたので、今年はジョン・マクフィにとって重要な年になるでしょうね。あと、今年はダリン・ビンダーが加入しますしね…速くて、アグレッシブなライダーでしょ。2人とも、タイトル争いができるんじゃないんですか。
モト2の方は、ヴィエルジェにもう少し期待してたんだが、あいにく、上手くいきませんでした。実のところ、ディクソンの方があまり期待していなかったのだが、最終的にはサプライズになってくれましたよ。2人とも今年は2年目なんで、タイトル争いをしてくれると良いんですがね。
2021年のおもな目標は全クラスにおいて、少なくとも1勝をあげることです。今シーズンに向けて、それが最低限の目標ですね。
うちには勝てるポテンシャルがあるし、モトGPでもかなり達成できてますからね。当然のことながら、どこのサーキットでも勝ちたいですよ。」

【マルク・マルケスの現状については?開幕戦には参戦できると思う?】
「マルクはとてつもない才能のライダーで…100万人に1人の逸材でしょ。ヴァレンティーノとか、ロレンソやストーナーみたいなライダーですよ。
実はマルクは人間じゃなく、宇宙人なんじゃないかと言ってる者も大勢いますしね。しかしながら、去年のヘレス戦でマルクもまた生身の人間だと言うことが判明したわけですよ。
もちろん、現在のライダー陣の中ではベストだが、だからと言って、マルクが不在だった2020年シーズンの価値が下がるとは思ってません。結局のところ、自分一人で転倒して、欠場となってしまったんですから。
不運ではあったが、だからと言って、ミールのタイトルの価値が下がることはないですよ。
2021年はマルクの回復具合に依るってとこでしょうね。まだ若いんだし。本人は今年の開幕がどんどん延期すれば良いのにと思ってるんじゃないんですか…その分、回復していけるわけだし。復帰してくれたら素晴らしいだろうし、おそらく、本人は早々に復帰しようと決意してるんじゃないんですか。
諦めないだろうし、今まで以上に強くなってくるでしょう。今年、復帰してくれることを楽しみにしていますよ。」


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

created by Rinker
¥2,200
(2021/02/28 17:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    > 本人は今年の開幕がどんどん延期すれば良いのにと思ってるんじゃないんですか…

    現場の人達も薄々その可能性が増してると認識してるからこその発言だね
    さてさて
    ドルナは利益を取るか?
    マルケス復帰を待つような延期に踏み切るか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP