MotoGP

オリべイラ『このチャンス、フル活用しなければ!』

『オリべイラ:このチャンス、フル活用しなければ!』

★2月12日、KTMファクトリーおよびテック3が2021年のチームプレゼンテーションを行った。

★ミゲル・オリヴェイラ(KTMファクトリー)が次のように話した。

【昨年のポルティマオ最終戦では独走逃げ切り優勝をし、大勢から今年のチャンピオン候補と見なされているが…プレッシャーは感じる?】
「良い質問ですね!僕は今シーズンに向けて、気持ちをリセットさせた感じなんですよ。最終戦で優勝したとは言え、今、心底登りつめたいと思っている場所を目指すのにプレッシャーを感じる必要はありませんから。
今はまた新たな挑戦に向かっていて、ファクトリーチームを居心地の良い場所にするために新たなスタッフ陣のことを良く知っておくべきだと思っています。すべてを上手く機能させるにはどうすべきか、好リザルトを構築していくにはどうすべきをか理解するためにね。」

【今シーズン、どう戦っていくつもり?】
「今は気持ちもずいぶん落ち着きました…自分はモトGPレースで優勝することができるんだって分かったんで。
去年よりもパフォーマンスが上がって、コンスタントになって欲しいなぁ〜と思っています。物凄い挑戦ではあるけれど、今のパッケージが勝てるものだと言うことは分かってますから。
だからこそ超ワクワクしてるのだし、自分にはこう言うことができるだろうって言う自信もあるんですけどね。当然、期待は大きいわけだし、KTMがタイトル獲得を望んでいることも承知しています。自分達のやるべきことに集中しなければ。
自分達が使えるパッケージについて、しっかり把握していかないと。僕自身については、1回レースを終えたら、次のレースまでにもっときちんと回復できるようにしないといけませんね。」

【冬季オフシーズン中は、しっかりトレーニングできた?】
「ええ。なかなか良い冬でしたよ。さいわい、コロナには感染しなかったので、好きなことをして過ごすことができました。」

【プライベートチームとファクトリーチームでは何が違うの?】
「一番大きいのは、マシンの方を選手のリクエストに100%合わせてもらえるってことですね。当然、その分、責任は大きくなりますが…正しい指示を出さなければならないし、時には、自分のライディングだけではなく開発の方に専念しなければならないんですから。
ただ、KTMと言うのは実に良くできた組織なんですよ。自分達に何が必要なのか、きちんと分かってるんです。
ピットボックスの内外で、もっと良く互いのことを知る必要があるでしょうね。でも、とにかく、かなり上手くはやっていけるでしょう。
ファクトリーチームに所属できると言うのは一つの特権なわけだし、このチャンスをフル活用していかないと。」

【昨年は9選手が優勝したが、今年も同様のシーズンになると思う?】
「もしかしたら、もっと増えるかもしれませんよ。ここ数年はマルク・マルケスが絶対王者だったけど、そう言う選手が不在の場合、なにが起きても不思議はないから。現在のモトGP機の戦闘力は非常に高く、この数年で物凄い成長してますからね。
僕自身について言えば、つねにチャンスは逃さないようにしていきますよ。去年はやっとケガが完治したところからのスタートだったけど、今年は体調が万全なだけではなく、精神的にも強くなっていますから。」

ブラッド・ビンダーとの関係は良好なの?】
「最高です。彼は誠実なタイプで、僕らは気が合うんですよ。うちのチームはファーストライダーやセカンドライダーの区別がなく、常にリザルト次第なんですよ。僕らの間の競争心は、互いにポジティブに作用すると思います。」

【いまやKTM内で最も経験豊富なライダーとなったが、RC16機のことはどう思うっている?】
「2019年版と2020年版は挙動がかなり違っていたし、ライダーの感触も違ってたんですよ。2019年版の方が操縦しづらかったって感じですかねぇ…コーナーでは、けっこう力づくでマシンを動かさなければならなかったんで。かなり野性的でしたよ!初めて乗った時なんか、けっこうショックでしたねぇ。
でも、2020年版はかなりフレンドリーなマシンになってくれて…ポジティブな感触が出てきました。」

【2021年の目標は?】
「タイトル獲得は達成できる目標ですよね…もちろん、かなり大きな野望だし、諸々が然るべき方向に進んでくれなくては無理だけど、でも、然るべき『もの』と『人』が揃っていて、プロジェクトにぶれがなければ、そう言う大きな目標を達成できる可能性はあると言うことでしょ。
時には4位がベストリザルトなこともあれば、2位でも不満足と言う時もあるだろうけど、とにかく、集中して強い走りをしていかなければ。」

【KTM機とオリヴェイラ選手のコンビネーションは、どんな感じ?】
「完璧ですね!まぁ、冗談はともかく、この2年間で、かなり上手くマシンに馴染むことができました。
2019年はケガが多かったけど、2020年と合わせて良い経験を積んでこれたと思うんで、今はかなり乗り心地が良くなりましたね。
終わりのない作業ですけどね。たとえリラックスしていても、さらに開発を続け、それにも慣れていかなければならないわけで…。終わりのない道だし、毎週末、とにかく、万全の状態でいなければね。」

(参照サイト:『Moto.it』)

選手がレース欠場すると、契約金はどうなるのか?って話は、note『マルケス、プレート破損に疑惑勃発&レース欠場についてのお金の話』でどうぞ!

created by Rinker
新潮社
¥1,980
(2022/06/29 16:24:09時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ミラノマルコ より:

    KTMは素晴らしい体制を築きましたね。生え抜きにして盤石。時に特出した速さを見せる天才ビンダーと、高いレベルで安定した秀才オリベイラ、って勝手に思ってますが、特にオリベイラは初優勝した時のクールでクレバーなレース運びと最終戦での勝つべき時に実力を発揮できるメンタルの強さにシビレました。KTMはオフロードの世界制覇に続き、遂にはロードレースの最高峰クラス制覇までリーチ、UNO、チェックメイトって感じですね。(笑)

  2. チャバネッティ より:

    【昨年のポルティマオ最終戦では独走逃げ切り優勝をし、大勢から今年のチャンピオン候補と見なされているが…】
    ↑どこで言われてるの?
    他の選手がほとんどレースした事がないポルティマオで
    オリべイラの』地元でよく知るサーキットで独走優勝したから今年のチャンピオン候補?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP