MotoGP

KTM打撃、カリオが腓骨・脛骨骨折で全治2ヶ月

『KTM打撃、カリオが腓骨・脛骨骨折で全治2ヶ月』

★KTMのモトGPテストライダーを務めるミカ・カリオが氷上レース中にマシンのコントロールを失い、転倒は免れたもののペダルにかけていた足に衝撃がかかり腓骨・脛骨を骨折した(下映像)。

★カリオテストライダーは3月のカタールテストは不参加となり、KTMからのテストライダー参加はダニ・ペドロサのみとなる。

★カリオテストライダーのコメント。

「腓骨・脛骨の手術をする予定です。あいにく、些細な凡ミスのせいで、こんなことになってしまうこともあるんですよね。
今日のアイス・ロードレースでこんなことになるとは…7〜8週間はマシンに乗れないでしょう。関係者の皆さんには本当に申し訳ないです。こう言うのが、レースの一番厄介な面なんですよね…たとえ、趣味のレベルでやっていたとしてもね。」


(参照サイト:『Gpone』)

モトGPプライベートチームは1シーズン、どのぐらいお金がかかるのか?って話は、note『VR46はモトGP参戦するのか?グレジーニチームはどうなるのか?』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. kai より:

    そういえばテストライダーの人数には制限無いんですかね?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP