MotoGP

ラバト『ボタンが多すぎて、ローンチコントロールを作動できなかった…』2021スペインGP

『ラバト:ボタンが多すぎて、ローンチコントロールを作動できなかった…』

★5月2日(日)、スペインGP決勝戦でティト・ラバト(ドゥカティ・プラマック)が18位だった。なお、首位とのギャップは30.314秒だった。

★ラバト選手は、負傷したホルヘ・マルティン代役として参戦した。なお、ル・マンGP(5/14〜16)でも引き続き代役を務める。

★ラバト選手のコメント。

「(ドゥカティファクトリー機に)慣れるのにそれほど時間はかからなかったけど、いきなり乗ったんでちょっと大変でしたね。
なかなか良いレースができました。戦闘力も高かったし、レース翌日のテストでもそうだったし。ここでこう言う経験ができると、ライダーとしてかなり成長できますよね。モトGP機をミシュランで走り、その次はSBK機にピレッリのタイヤで乗るんだから。それを同じメーカーのマシンで…ドゥカティ機できるなんて、僕はツイてますよ。絶好のチャンスですよね。」

【昨年までモトGP参戦していたとは言え、今年の最新機に乗るのは難しい…?】
「急に戻って来て、たった1回の週末で諸々を把握するのは大変ですよ。午前と午後とで、気温が急変するのも大変だったし。
(レースでは)スタートが悪かったんですよ…ローンチコントロールを作動させることができなかったもんだから。とにかくボタンは多いは、時間はないはでねぇ。
スタートが悪く、その後はヴァレンティーノ・ロッシに接近したものの、第2か第3ラップで凡ミスをしてしまい…。膨らんで、集団から外れてしまったんですよ。最後はプッシュしまくって、もう何も考えないでプッシュしてました。
首位とは30秒差だったけど、確か、(去年の)最後のレースは45〜50秒差だったはずなんですよ。スタートが悪かったのに、30秒差でゴールできるなんてねぇ(笑)。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ロッシのレース転倒に対するポジティブさにメディアの方が困惑してるって話は、note『2021ポルトガルGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. スペンサーレプリカ より:

    どうでもいい話なんですが、(ヘルメットの)チンガード部のカラーリングのせいで、ラバトがたらこ唇みたいに見えたのって私だけ??

  2. ZC33S より:

    スペンサーレプリカ 氏
    私は、ニワトリのクチバシを付けているのかと思いました

  3. コメリ より:

    しゃべる時にあそこがパカパカするんでしょうねw

  4. スペンサーレプリカ より:

    ZC33Sさん、コメリさん、私だけでなくて安心しましたwww

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP