MotoGP

ペトルッチ『KTM契約更改が無理でもSBKには行かない』

『ペトルッチ:KTM契約更改が無理でもSBKには行かない』

★6月2日、KTMテック3が2022年のモトGPクラスにレミー・ガードナーを参戦させると公表した。

★ガードナー選手のチームメイトには、現在、同チームに所属しているダニーロ・ペトルッチ、イケル・レクオナ、そして、モト2クラス参戦中のラウル・フェルナンデスの中から選ばれる模様。

★6月3日、カタルーニャGPの木曜会見でダニーロ・ペトルッチ(KTMテック3)が、次のように話した。

「ガードナーは絶好調だから、チャンスをつかんで当然ですよ。モトGPに昇格するには、平均的な道のりを歩んでるんじゃないんですか。
今のところ、僕の進退についての情報はなにもありません。つまり、今月末まで待たなければならないと言うことで…とは言え、KTMの決定がいつになるかは分かりませんけどね。
僕自身は心配はしてないです…僕が心配しても、どうにもなりませんから。とにかく、まだ何も決まってないんで…。ただ、全力で頑張らなければならないことは承知してるし、僕としてはKTM継続を希望してます。
もちろん、クリアしなければならない点は色々あるんですが、KTMとはまだ組んだばかりだから、もっとここで経験を積んでいきたいんですよ。」

【なかなか落ち着いた様子で…】
「どう言う状況なのかは承知してるし、自分がここまでやってきた事についての後悔はないんで。
僕は21才でモトGP昇格し、あらゆることをしてここまで続けてきたんです。今は年長組の方に入っているけど、今も言ったとおり、ずっと全力で頑張ってきましたから。」

【(KTM継続が無理な場合にそなえて)グレジーニチームやSBKチームとも話してみた?】
「他のチームとは一切話してないし、契約更改できなくてもSBKには参戦しないでしょうね。
とにかく、自分の将来は自分が握っているのだし、自分が速い走りができることは分かってるんで。今は大変だけど、でも、目標はただ1つだから…モトGP残留ですよ。」

【いつも1年契約だが…】
「そう言う状況には慣れてるんで…まぁ、慣れるもなんもないんですけどね…今まで、2年契約をしたことってないんで。
ちょっと『スライディング・ドア』って映画みたいな感じですかねぇ…『もう無理だ!乗りそこねる』って感じの時もあるけれど、でも、乗れちゃうんですよ。
まぁ、時は過ぎ行き、モトGPに昇格したい若手ライダーは大勢いるってわけでねぇ。とにかく、僕は絶対にまだ速い走りができると思ってますから。ただ、みなで一丸となっての努力が必要ですけどね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(Photo:Instagram

KTM機はなぜ速くなったのか?…って話は、note『2021イタリアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥3,458
(2021/08/04 20:45:37時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. まる より:

    KTMに来る前も今回も、MotoGPのシートが得られなくても何故そこまでSBKは断固拒否なんだろ?
    SBKでも結果が残せなかったら…。
    SBKを下に見ている…。
    とかか?

  2. としあき より:

    ペトルッチはSBK出身だしmotoGPと比較したらそりゃあねえ
    ペトルッチ個人がSBKを下に見てる見てないと言うか単純に下位カテゴリーだし
    レディングもブリティッシュ制してSBK制してさっさとmotoGP戻りてえ!って話だし
    トプラクもその師匠もSBKを制すまではmotoGP移籍は無い
    (逆に言えばジョナサン・レイを倒してチャンプになったらmotoGPに行く)と公言して
    SBK自体がもうシートを無くしたmotoGPライダーの再雇用先な一面があるわけでして…

    バウティスタがレブリミット食らうまで11連勝みたいなのを見ると
    やはりmotoGPライダーとはレベルの隔たりがあるなって
    ジョナサン・レイがSBKライダーとしては強すぎるだけで

  3. すぱおー より:

    前にダカールKTM行きたいとか言ってましたが、それも視野に入れてますかね?

  4. 欧州至上主義 より:

    クラッチローもSBK出身だからか復帰には消極的だったからね。特に改造範囲がより厳しくなった市販車ベースだとそうなるでしょ。4輪でもプロトタイプと市販車ベースのGT3だとそうなるし。ただ観るのは市販車レースの方が面白いけどね

  5. たんぼ より:

    お疲れ様でした

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP