MotoGP

クラッチロー決定、モルビデッリ代役で3戦参戦

『クラッチロー決定、モルビデッリ代役で3戦参戦』

★カル・クラッチロー(ヤマハテストライダー)が、フランコ・モルビデッリ(ヤマハ・ペトロナスSRT)の代役として3GPに参戦することが公表された。

★クラッチローテストライダーはオーストリアの2連戦(8/6〜8、8/13〜15)と、ブリティッシュGP(8/27〜29)に参戦する。

★クラッチロー選手は2011年にヤマハ・テック3からモトGPデビューをし、2013年末まで同チームに所属していた。

★クラッチローテストライダーのコメント。

「今年、テストライダーとしてヤマハ機にまた乗れることになったのも素晴らしいし、必要な時にはこうして参加していけるのは各方面において良いことでしょうね。
ヤマハ・ペトロナスSRTから3戦出走するのが楽しみでたまりませんよ。もちろん、手放しで喜べるような状況ではないし、フランコには早く良くなってもらわないとね。膝の手術後、また強さを取り戻して欲しいと思ってますよ。まぁ、絶対に大丈夫でしょうけどね。この2年間、素晴らしい走りをしてたんだから。
今回の3戦で目標を掲げるのは難しいだろうし、むしろ、マシンの理解を深められるかどうかって話になるでしょ…今年はちょっとしか走れてないんだから。まぁ、乱闘に飛び込んでいく感じとでも言うか…モトGPクラスってのは激しい競争が繰り広げられるクラスなんだから。とにかく、またスタートグリッドに並ぶ日が待ち遠しいですよ。
オーストリアでチームに対面するのも楽しみですね。顔なじみも何人かいて…例えば、ウィルコ・ズィーレンベルグなんかは、2009年にスーパースポーツに出てた時のチームマネージャーだし、あと、何年か前にヨハン・スティゲルトと戦ってたこともあるんで、とにかく、彼らとまた一緒にやれて嬉しいですよ。」

★ラズラン・ラザリ氏(ヤマハ・ペトロナスSRTチームプリンシパル)のコメント。

「あらゆる選択肢を検討した結果、静養中のモルビデッリ代役をカル・クラッチローに要請することをヤマハと共に決めました。
カルは信頼できるベテランライダーであり、現在はヤマハのテストライダーを務めています。プライベートチームとして、今回はヤマハが一歩前進できるよう手助けできることでしょう。カルは当チーム機でしっかり走り込んでくれ、ヤマハ機開発のテスト作業の助けとなることでしょう。
むこう3戦でモルビデッリ代役として参戦するわけですが、うちとしてはリザルト的な目標は特に掲げていません。カルには出来る限りのサポートをし、チーム内で居心地良く過ごしてもらいたいと思っています。
既に当チーム内のメインスタッフらとも親交があるようなので、それが助けになってくれるでしょう。今回のチャレンジに向け、カルの準備が整っていることを確信しています。」

★なお、オーストリア1戦目には、ダニ・ペドロサ元選手(KTMテストライダー)もワイルドカード参戦する。

★モルビデッリ選手はトレーニング中に痛めた左膝の手術を受け、オランダGP(6/25〜27)から欠場している。

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

ドヴィツィオーゾはヤマハからモトGP復帰したがってるんだけど…っては、note『ロッシ&ドヴィツィオーゾ去就まとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥250
(2021/09/27 01:36:11時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ugem より:

    思うのだが、こういう時には年寄りではなく若手を試してほしい。
    若者だって自分のレースがあって、おいそれと抜けられないってのはあるのだろうが。

  2. ZX9R より:

    俺はクラッチロー ペドロサの参戦は楽しみやけど、テストライダーのみでなくレースの参戦でこうであって欲しかった所など自分の開発意見が取り入られたオートバイでラップタイムのみでなくレース全体での強さが感じられる機会、今後のヤマハ KTMのオートバイにプラスに働くはず。(今のワンメイクタイヤ等のルールが継続するなら)

  3. としあき より:

    ガーロフはスーパーバイクで自陣営チャンピオン争い中のトプラクに1つ目のコーナーで突っ込んで転倒させるやらかしやったし
    そもそも散々騒がれてた割に外野の声だけで全然SRTからも何の声もかかってなかったそうだし
    今後代役ですらmotoGPは無いのかもなって…

  4. maxtu より:

    重要なのはカルがブリティッシュGPを走ること
    コロナ禍でホームGPが中止になり、そのまま引退では悔いが残るよね
    3レース目だし、上位を狙ってくると思うし、ドラマを期待してるよ

  5. レース好き より:

    テストする本人がレースディスタンスでのマシンの挙動を見れる機会はあるべきと思う、競う相手が居ないと深いブレーキングやスロットルオープンなど意識的に変わるだろうからね。代役でありつつ時期開発のプラス材料って判断してるんでしょ^^

  6. SRX より:

    クラッチローの参戦も楽しみだがレース後のコメントは更に楽しみ。
    現役時のようにリップサービスしてくれたら良いけどテストライダーだけに難しいかな?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP