未分類

『ペトルッチはモトGPで2勝もしてるのに…今はKTMの決定待ち…』アルベルト・べルガーニ

『ヴェルガーニ:ペトルッチはモトGPで2勝もしてるのに…今はKTMの決定待ち…』

★ダニーロ・ペトルッチ(KTMテック3)のマネージャーことアルベルト・ヴェルガーニ氏(61才)は、25年間、『Nolan』の社長を務めた後、現在はミラノで『Opinion Leader』社を運営している。

★7月27日、ヴェルガーニ氏が次のように話した。

【ダニーロ・ペトルッチの進退については?】
「ダニーロは予想以上に苦戦してしまい…KTM機は彼には小さいし、諸々が然るべき方向には進んでいないわけだから。
現在は警告ランプが点いて、停止状態ってとこですかね。KTM絡みのオプションは6月末に取りこぼしてしまったわけで…おそらく、オーストリアでKTMから2022年についての計画を告げられるでしょう。
まぁ、奇跡でも起きない限り、ラウル・フェルナンデスがモトGP昇格してしまうと思いますよ…(KTMからでなければ)ペトロナスに空きが2つあるわけだから、ヤマハが取るとかね。
アプリリアはダニーロには興味ないんですよ…ヴィニャーレスとの合意を決めようと、頑張ってる最中だから。
ただ、ドゥカティもねぇ…何年か前、もうちょっとでヴィニャーレスと契約ってとこまでいってるんだから、ジジ・ダッリーニャが見過ごすもんでしょうかねぇ。ザルコの時みたいにするとか…つまり、まずはプライベートチームに入れて、それからファクトリーに移すとか…。
ヴィニャーレスは最強ライダーの1人なんだから。ただ、あんなまとまった額の契約金を手放すなんて、驚きましたけどね。
まぁ、私としては、一番可能性が高いのはヴィニャーレスがロッシのチームに入るって辺りだと思いますけどねぇ。」

【ペトルッチ選手に関しては、KTM機でダカールに参戦しつつ、モトGPテストライダーになるなんて可能性もあるの?】
「ダカール参戦の話は、あくまでもダニーロの個人的な希望であって…まだちょっと早いでしょ。まだ、引退間際って時期でもないんだから。
テストライダー云々に関しては、新聞記事を読んで初めて知ったんですがね。まぁ、とにかく失礼のないよう、粛々とKTMの決定を待ちますよ。
今は駒の動きが止まってる状態だから。SBKの2メーカーと話をしてるところなんだが、まぁ、具体的な話ではないんでね。SBKもまだシーズン中盤だし、選手の放出を決めるにはまだ早すぎるでしょ。」

【ペトルッチ選手と言えば、モトGPで2勝しているライダーなのに…】
「その通りですよ。そう言う話からすれば、ポル・エスパルガロなんかはモトGPクラスでは1勝しかしてないし(※1勝もしてません。)、アレイシの方は1勝さえしてないでしょ。ザルコだって1勝もしてないし、あと、バニャイアだってそうだしね。
もちろん、皆、破格ライダーではあるけど、でも、とにかく優勝するってのは大変なことなんだし、誰にでも出来ることじゃないんだからねぇ。」

【ところで、モト3の破格ライダーことペドロ・アコスタについて…貴方が彼のマネージャーになると言う噂が出ているが…】
「私がペドロのマネージャーですか…いったい誰がそんなデタラメを?
ペドロには、アルヴェルト・ヴァレーラが付いてるじゃないですか。私は某ヘルメットを勧めただけで…ずいぶん話が大きくなってしまったもんだ(笑)。そのヘルメットだってまとまらなかったのだし…ペドロはスペインメーカーと2年契約をしていたもんだから、来年の分も既に決まってたんですよ。
まぁ、とにかく、KTMはアコスタとフェルナンデスで上手くいってるようでね。2人ともチャンピオンの器だし、良い意味でのあざとさもある。アコスタなんか凄まじいですからね。」

[ 中編に続く ]

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

ペトロナスは若手育成が希望、アプリリアはヴィニャーレスに鞍替え……って話は、note『ロッシ&ドヴィツィオーゾ去就まとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. Mintu より:

    ある意味、不条理だよね。ルーキーはともかく勝ったことのない者が長居できてる現状は。

  2. タディの星に願いを より:

    ヘビーウェイトがリスクに思われてるのかな

  3. ハンス より:

    2勝しているけれど、成績が安定しないから年間で見るとソコソコ位の成績にしかならないのが辛いところ。
    成績が不安定な選手はチーム側も手を出しにくいのでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP