MotoGP

ミラー『楽ではないが危険なトラックでもない』2021アメリカズGP

『ミラー:楽ではないが危険なトラックでもない』

★10月1日、アメリカズGPでジャック・ミラー(ドゥカティファクトリー)がFP1FP2も2位だった。

★ミラー選手のコメント。

【アスファルトコンディションがかなり酷いようだが…】
「穴だらけだけど…皆、条件は同じだから。午前のウェットは、やっぱりちょっと滑りやすかったけど、そう言うコンディションだとグリップが凄かったんですよ。僕なんか、肘すりまでしちゃってねぇ!
ただ、古いアスファルトの所は、その真逆って感じだけど。」

【皆、危険な状態だと言っているが…】
「頭を使って走る必要はありますね…どこでプッシュし、どこでプッシュしないかを考えながらね。穴ぼこを上手くさばいていけるよう、学習していかないと。
楽なコースではないけれど、それほど危険だとは思いませんね。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ミラー・ザルコ・マリーニなど…ドゥカティ苦戦組の原因について、『サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP