Moto2 category

小椋藍、左足骨折、欠場:2021バレンシアGP

『小椋藍、左足骨折、欠場:2021バレンシアGP』

★アイ・オグラ(モト2、ホンダ・チーム・アジア)が左足骨折のためヴァレンシアGP欠場となった。

★オグラ選手は先のアルガルヴェGP決勝戦での転倒により左の第5中足骨に小さな複雑骨折を負い、用心のための欠場となった。

★ヴァレンシアGPのモト2クラスには、同チームからソムキャット・チャントラのみが参戦する。

★なお、両選手とも2022年に向け、同チームからの継続参戦が公表されている。

★オグラ選手のコメント。

「けっこうがっかりしてます。ただ、日曜のポルティマオでの事故で左足に小さなケガを負ってしまって。
用心のため、(欠場を)勧められたんです…手術しなければならないような事態を避けた方が良いだろうと。
今は来シーズンに向け、きちんと治すことだけを考えます。」

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ロッシが「来年のモトGPグリッドは…こうなるだろう!」って予想した話は、『note無料記事』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. 栗原 より:

    小さな複雑骨折?
    用心して欠場?
    そんな感じなの?

    小さな複雑骨折て、表現だと重症軽傷なのかなのか分かんないや(^^ゞ

  2. タディの星に願いを より:

    発表を控えてたのは走るつもりだったのか
    ライバルに知られたくなかったのか
    あの転倒は後味悪いものだったからこうして流れが悪い方へいくものなんだよね

    来シーズンに向けて充電しよう。

  3. フレッド より:

    Moto2ルーキーイヤーとして、上々だったと思います。藍選手にしては転倒が多かったけど、攻めた分、収穫も大きかったのでは?
    来シーズンが楽しみです。
    Moto3デビューの古里太陽選手も楽しみ。
    久々に日本人旋風を巻き起こして欲しい!

  4. mk3125 より:

    複雑骨折は骨が見えちゃう骨折
    たとえ粉々でも見えなければ単純骨折

  5. クアルタラ郎 より:

    骨が見えちゃう骨折は「解放骨折」で一か所で複数個所骨折しているのが「複雑骨折」ですよ、と書こうと思ったら、今はかつての複雑骨折は「粉砕骨折」と呼んで解放骨折と複雑骨折は同義とされているんですね。念のためググってみて良かった…。

    小椋選手の骨折は果たしてかつての複雑骨折=粉砕骨折なのか、それとも開放骨折なのか。解放骨折だと緊急手術が必須なハズなので(感染なので命にかかわる)、手術を避けるため、とか言っているのできっと粉砕骨折ですね。

    どっちにしても痛そうで書いていてゾワゾワしてしまいます。ゆっくり休めて早期に回復することを願っています。そして2年目の大活躍を期待しています!

  6. MC22 より:

    複雑骨折の定義が変わっていたのか。
    勉強になったw

    解放骨折って聞くとロッシを思い出す。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP