Moto2 category

小椋藍がモト2継続、古里太陽モト3初参戦:2022年ホンダ・チーム・アジア

『小椋藍がモト2継続、古里太陽モト3初参戦:2022年ホンダ・チーム・アジア』

★11月10日、ホンダ・チーム・アジアが2022年に向け、モト2/モト3クラスに以下の選手を起用したと公表した。

モト2クラス:アイ・オグラ(日本出身)、ソムキャット・チャントラ(タイ出身)

モト3クラス:タイヨウ・フルサト(日本出身)、マリオ・アジ(インドネシア出身)

★オグラ選手は2021年より、チームメイトのチャントラ選手は2019年より同チームからモト2参戦している。

★モト3クラスの両選手は、2022年から新規参戦となった(※2021年はユウキ・クニイ&アンディ・イズディハール)。

★なお、同チームのマネージャーは引き続き、ヒロシ・アオヤマ元選手(2009年250cc総合優勝)が務める。


(参照サイト:『Corse di moto』)

ロッシが「来年のモトGPグリッドは…こうなるだろう!」って予想した話は、『note無料記事』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. NOB より:

    古里太陽くん、大型新人の予感!!

  2. にっすん より:

    HONDAはMOTO3でも良いマシン用意しないとKTMに圧されてるから大変だな。
    古里選手、佐々木選手、鈴木選手がトップ集団と絡みそうだし期待
    小椋選手は来季勝負の年!

  3. 五里衛門 より:

    来たか太陽。ホンダの秘蔵っ子。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP