MotoGP

ラズガットリオグル『クラッチローと一緒にヤマハM1機を試す予定』

『ラズガットリオグル:クラッチローと一緒にヤマハM1機を試す予定』

★11月21日、SBKインドネシア戦のレース1でトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ、25才)が2位を獲得し、総合優勝を決めた

★ヤマハは2022年に向け、モトGP機のプライベートテストの予定を既に組んでおり、今後数ヶ月以内にラズガットリオグル選手はヤマハM1機の試乗をする予定である。
なお、その際は、カル・クラッチロー(ヤマハ・モトGPテストライダー)と一緒に走ることとなる。

★ラズガットリオグル選手のコメント。

「2022年のプライベートテスト2回で、ヤマハのモトGP機の試乗をする予定です。その時は、カル・クラッチローと一緒に走るでしょう。
2023年にモトGPデビューができれば良いんですが、ただ、今はSBKの来シーズンの方に全力集中しているんですよね。」

★なお、2022年シーズン中、もしヤマハのモトGPライダーが欠場した場合、代役ライダーの第一候補はラズガットリオグル選手と見られている。

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

ヤマハのマシン開発は時間がかかりそう………って話は、『2021ヴァレンシアGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    もう再来年の話し(笑)
    ファビオは契約更新すると思うけど、
    ドヴィの年齢、モルビデッリの怪我の回復具合もあるからね
    なによりSRTの存続が危なかっしいからVR46との関係、ライダーの供給とかYAMAHAは流動的ではある

  2. nav. より:

    SBKからの逆輸入が最近は乏しいからちょっと見てみたいすね。

  3. ノリッシ より:

    WSBは彼のおかげで盛り上がったし、レイも更に頑張れるだろう。
    テスト好調なら未だ赤丸上昇付きだ!

  4. タディの星に願いを より:

    思うのはSBKのメカニック陣とセットがいいと思う。MotoGP昇格の暁にも技術陣と来た方が、ラズガットリオグルのキャリアのためにはいいと思うよ。

  5. あおいそめ より:

    ビンダーより確実に良いと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP