MotoGP

2022 マンダリカテスト最終日【モトGP:リザルト&トピックス】

『2021 マンダリカテスト モトGP 最終日』

★2月11〜13日、インドネシアのマンダリカサーキットでモトGP公式テストが行われた。
なお、同トラックでは2021年終盤、既にSBKラウンドが開催された。

★最終日となった13日は猛暑。路面温度は60度以上。

★ここ2日間と同様の路面コンディションで、走行ラインは1つだけ。タイヤに埋まった小石が走行しているうちに路面に飛び散らかっている。

★転倒多発。

★パドック内でコロナ感染者が多数発生。

★首位ポル・エスパルガロ(ホンダファクトリー、1:31.060)。今回のテストでは終始速く、転倒もなかった。新ホンダ機がライディングスタイルに合っている模様。
チームメイトのマルク・マルケスは14位(+0”733)。タイムアタック中に転倒し、失速。今回のテストではタイムに注力しておらず、昨日も満足そうだった。カタール開幕戦では高い戦闘力を見せてくれそう。

★2位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは4位(+0”356)。クアルタラロー選手とは0”342差。セパンテストの際は膝の回復具合に疑念を抱いていたが、結局、大丈夫そう。最新ファクトリー機にも慣れてきたようで、2020年シーズンのような強さを取り戻したように見える。

★3位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。常に最速。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは7位。かなり安定してきている。本人はあまり満足していないが、マシンのポテンシャルの高さは認めている。夢は3メーカー機でのレース優勝制覇(※いまだ前例はない)。
※セパン同様、今回も両選手ともに好調。

★5位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)。ドゥカティ勢トップ。落ち着いていて、自信に満ちている。路面に飛び散らかる小石が当たり、左腕に陥没ができていた。
バニャイア選手のコメント。
「最新機は去年のよりポテンシャルが高く、今のところ、出せる戦闘力の85%まで達しています。」

チームメイトのジャック・ミラーは15位。仕上がり具合は遅れ気味。

★6位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。今回の冬季テストのサプライズ選手。計5日間のテストでは常に上位に入っていた。
リンス選手のコメント。
「モトGP昇格以来、一番良い冬季テストになりました。」

チームメイトのジョアン・ミールは、激しい胃腸炎によりホテルで静養。午後には回復してきたが、走行はできなかった。
※スズキ機のエンジンは、昨年より明らかにパワーが上がっている。

★8位ヨハン・ザルコ(ドゥカティ・プラマック)。
チームメイトのホルへ・マルティンは20位。今日も転倒。仕上がり具合は遅れ気味。

★9位ブラッド・ビンダー(KTMファクトリー)。KTM勢の中では最も好調。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは11位。

★10位アレックス・マルケス(ホンダLCR)。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは13位。

★12位ルーカ・マリーニ(ドゥカティVR46、ロッシ異父弟)。成長中。
チームメイトのマルコ・ベッツェッキは17位(ルーキー)。

★16位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ヤマハWithU RNF)。小さく前進。
ドヴィ選手のコメント。
「ブレーキングではクアルタラロー並みに効率的な動きができているんで、その辺はかなり改善できました。ただ、方向転換でかなり失速してしまうので、今後はそっちの作業をしていかないと。」

チームメイトのダリン・ビンダーは22位(ルーキー、ブラッド弟)。

★18位ファビオ・ディ・ジャンナントニオ(ドゥカティ・グレジーニ、ルーキー)。
チームメイトのエネア・バスティアニーニは19位。順位はともかく、強さは感じられる。タイムアタックせず。

★21位レミー・ガードナー(KTMテック3、ルーキー、ワイン息子)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは23位(ルーキー)。昨日の転倒により、スピード感覚が鈍ってしまったとのこと。

(参照記事 『Moto.it』)


『2022 マンダリカテスト最終日 モトGP』





『2022 マンダリカテスト最終日 モトGP』





2022年モトGPにおける技術チェックシステムの改革については、『無料note記事』でどうぞ!

created by Rinker
タクマ食品
¥1,396
(2024/06/22 12:43:48時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. としあき より:

    >夢は3メーカー機でのレース優勝制覇(※いまだ前例はない)。
    全然気にしてなかったけど確かにメーカーそこまで変えて勝った人居ないのか
    ヴィニャはチャンピオンシップはともかく一発の速さは確実に出せるはずだし
    今年は悲願のAprilia初優勝をアレイシと競ってほしいな

  2. よっさん より:

    ローソン勝ってなかったかな?

  3. 雨にも負けず より:

    >夢は3メーカー機でのレース優勝制覇(※いまだ前例はない)。
    ランディマモラ「お、おう?」

  4. ジャックミドルブルグ より:

    ローソンが3メーカーで勝ってる。
    ヤマハ ホンダ カジバ

  5. ジャックミドルブルグ より:

    マモラも勝ってる。
    スズキ ホンダ ヤマハ

    …あれ?けっこういるな。

  6. AC10 より:

    何気にカピロッシも勝ってますねー

  7. 坂本八 より:

    ローソンでEdy使えます(私信

  8. としあき より:

    なんだ結構いるんだ!

  9. WR#1 より:

    MotoGPクラスに限定すれば、確かに3メーカーで優勝はいませんね。
    最も可能性があったのは、ヤマハ・ドゥカティ・ホンダの3メーカーを渡り歩いたロレンソですかねぇ。

  10. kai より:

    motogpになってからの話ですよね!管理人さん(ゴマすりすり)

  11. キャメル より:

    追伸:日本の読者、キビシー!! チャンチャン♪♪

  12. すーさん より:

    モトGP公式サイトから間違えてるから?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP