MotoGP

バニャイア『ドゥカティが僕に謝る必要はない』2022 インドネシアGP

『バニャイア:ドゥカティが僕に謝る必要はない』

★3月17日、インドネシアGPの木曜会見でフランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)が次のように話した。

【先のカタール戦後、貴方が『テストが多く、レースに集中できない』と訴えたところ、ドゥカティ側が謝罪していたが…】
「ドゥカティが謝る必要なんてないですよ…僕らはチームで、一緒に作業を進めてるんですから。ピットボックス内で話し合い、諸々についてきちんと了解できたんで。こうして、また新たなレースとなり、新たな物語が始まるんですしね。
家に帰って、家族や彼女、ペットの犬と一緒にのんびり過ごせたし、アカデミーの皆と一緒にムジェッロやランチでトレーニングもしっかりできました。」

【では、カタール決勝戦後の貴方のコメントについては…?】
「僕は『各種マテリアルや異なるセッティングのテストが多すぎる』とは言ったけど、本当に言いたかったことはきちんと伝わらなかったようなんです…別に僕は、テストがしたくないわけではないんです。ファクトリー選手たるもの、それが任務の1つであることは分かってますから。
前回のレースでは色々とあったものだから少し苛々してしまって…僕が大失敗をしでかして、他の選手を巻き込んでしまったんですからね…。
でも、今回はガラリと様相が変わっているから。
電制システムやタイヤを吟味していかなければならないでしょ(※カーカスが冬期テストやこの2年間使用されてきたものとは異なる)。でも、それ以外に関しては2021年と同様に作業していけますからね…カタールのFP4では、なかなか言いセッティングを探り当ててたんだから。」

【カタールGPとは作業内容が変わりそう?】
「マシンに手を入れると言うよりは、僕自身がトラックコンディションに上手く合わせていく必要があるでしょうね。
できるだけたくさん走り込んで、タイヤを読み解き、予選で上位になるよう頑張らないと。いまやグリッド順位はどんどん重要になってきてるから。」

【カタール決勝戦では、スタートやトップスピード面でトラブっていたようだが…】
「今回、心配はしてません。それが問題になるとは思ってないんで。2022年版マシンのことをもっと読み解いて、適切なセッティングを見つけ出さないと。
問題は、テスト日数が十分ではなかったことなんですが…でも、レースに向けてきちんと帳尻を合わせ、速い走りでもって追い上げいってたんです。
2021年からヤマハ&スズキ機は加速面ではうちより有効でしたからね。でも、うちだって同じレベルにまで上がっていきますよ。」

【マシンはカタール時と同じなの?】
「もちろん、同じです。ただ新マシンだと言うだけで…とにかく、100%活用できるよう理解していかないとならないんですよ。」

【今回のトラックはドゥカティ機向きだと思う?】
「まずは、タイヤのカーカスが未知数ですからねぇ…レースに向け、どう言う風にコントロールすれば良いのか見極めていかないと。そこが一番重要になってくるでしょう。タイムアタックに関しては、その次ですね。
各コーナーがずっと繋がっているような感じだから、理屈からするとうち向きのトラックだけど、テストの時はヤマハとホンダが速かったから…でも、今週末は変わってくるでしょうけどね。」

【ここの観客は熱狂的だが…】
「もの凄い熱気ですよね…深い敬意を払わないと。」


(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

今年のドゥカティはプレッシャーを感じている?って話は、note『2022 セパン&マンダリカテストまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
ツムラ
¥6,178
(2024/04/17 01:11:04時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. タディの星に願いを より:

    出典元やはり誇大に書かれてたんじゃないの。 まぁ確かにオフシーズンテストも天候によっては時短になっちゃうし、テストの機会は減らされてる テストライダーともマッチングも効率悪い 例えばFP4を90分にするとか… どうなんかなコスト減と資金力のあるメーカーに有利にならないようにしたんだけど、しわ寄せはライダーに来てるんだね

  2. としあき より:

    2週間弱で頭冷えてリラックスできた感じかな
    DUCATIが謝罪する前にチームとペッコの間でこの発言が出てたら
    単純に考えてDUCATIはあんなふうに謝罪してないでしょう

    ペッコの課題は2020年頃のファビオと同じでメンタルかもね
    一方ファビオも2020年頃のメンタルに戻りつつあるかも…

  3. maxtu より:

    単純に一言で表すと
    若いなぁ
    ヴァレ引退後のイタリアンとして期待と注目が変な方向にいかないことを祈る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP