MotoGP

2022アルゼンチンGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

『2022アルゼンチンGP モトGP FP1リザルト&トピックス』

★4月2日(土)、アルゼンチンGP モトGPクラスのFP1が行われた。

★快晴。路面温度は45度。

★昨夜の午前2時40分に遅延荷物が到着し、チームによってはそこから各種作業を開始した。

★首位タカアキ・ナカガミ(ホンダLCR)。コンスタントに上位にいた。コロナ感染により当初は欠場とされていたが、その後、陰性が判明し、昨日深夜に現地到着し、それなりに睡眠は取れた模様。
チームメイトのアレックス・マルケスは14位。

★2位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)。ユーズドタイヤでもタイムアタック用タイヤでも、常に上位3位内にいた。相変わらず、ヤマハ勢で唯一好調。しかし、本人は「僕にとって今回は、今シーズンでもっとも難関GPになるはず」とコメントしている。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは18位。

★3位ポル・エスパルガロ(ホンダファクトリー)。
チームメイトのステファン・ブラドルは22位(テストライダー)。マルク・マルケス代役。
※従来のカーカスに戻り、ホンダ機のパフォーマンスもまた上がってきた模様。

★4位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。ヴィニャーレス選手が浮上してきた際、アレイシ選手はペースを上げ、終盤は特に速くなっていた。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは8位。やっとコンスタントに良い走りをしていた。同マシンに合ってきた模様。

★5位マルコ・ベッツェッキ(ドゥカティVR46、ルーキー)。絶賛成長中。
チームメイトのルーカ・マリーニは16位。

★6位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。
チームメイトのジョアン・ミールは10位。

★7位ミゲル・オリヴェイラ(KTMファクトリー)。
チームメイトのブラッド・ビンダーは9位。
※両選手とも、通常、FP1セッションでの動きはイマイチなため、要観察。

★11位エネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・グレジーニ)。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは19位(ルーキー)。

★12位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)。
チームメイトのジャック・ミラーは17位。

★13位レミー・ガードナー(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは23位(ルーキー)。

★15位ヨハン・ザルコ(ドゥカティ・プラマック)。
チームメイトのホルヘ・マルティンは20位。

★21位ダリン・ビンダー(ヤマハWithU RNF、ルーキー)。
チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは24位(最下位)。

『2022 アルゼンチンGP モトGP FP1リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥1,485
(2022/06/26 11:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP