MotoGP

マルク・マルケス『2年ぶりに転倒からの持ち直しができた!』2022スペインGP

『マルケス:2年ぶりに転倒からの持ち直しができた!』

★5月1日(日)、スペインGP(ヘレス)決勝でマルク・マルケス(ホンダファクトリー)が4位だった。

★今回のマルケス選手はきらめいていた。速く、粘り強く、迷いがなく、何回かのオーバーテイクでは明らかに他の選手らを凌駕していた。ただ、相変わらずパフォーマンスは不安定である。
とは言え、今回は久しぶりに、いつもの『だるま走法』を披露していた。第21ラップの最終コーナーで転倒しかけたものの、みごと持ち直したのだ(下Twitter映像)。

★マルケス選手のコメント。

【久しぶりの持ち直しだったが…】
「あんなの2年ぶりですよ…。自分のミスで膨らんでしまい、映像を見たら、65度まで倒れてました。
さいわい、左側に倒れてたんで、あとは…ヘレスの観客の皆さんのおかげですね。なんとか転倒しないよう、奮い立たせてもらいました。」

【オースティンではタイトル争いに戻れそうな勢いだったのに、ポルトガルはイマイチで…昨日は苦戦気味だったが、今日は実に良いレースをこなし…結局、現在のレベルは、どれぐらいまで戻ったと思う?】
「ポルトガルでの感触からするとタイトル獲得は無理って感じですかねぇ…その辺が現実的でしょ。タイトルはバニャイアとクアルタラローで戦っていくでしょうね。
ただ、迫っていけるようにはなってきたし、明日は重要なテストもあるから。
今回、マシンのセッティングレベルでけっこう大きな変更を試してみたんですが、上手くはいかなかったんですよ。でも、方向性ははっきりしていて…僕のライディングスタイルに手を入れる必要があるんです。
とにかく、今は『生き延びる』ことを考えないと。4位は凄いリザルトではないけど、でも、このコンディションなら満足できる結果だから。目標はトップ5入りだったんで、4位なら上出来でしょ。
今は達成可能な目標にする方が良いと思うんですよ。ただ、そう言う順位でゴールしたいわけではないです。でも、とにかく、これが今の僕のレベルだから。」

【しばらくジャック・ミラーの後ろを走っていたが…もっと早くに抜けなかったの?】
「誰かの後ろについて走っていると、ブレーキングでゼロコンマ何秒か落ちてしまうことがあるんですけどね。自分の強みを活用しようと頑張ってるんですよ…多分、もっと速く走れたとは思うけど、(無理に抜こうとしたら)もっとリスクを負わなければならなかっただろうし。
抜けそうな地点を模索はしてたけど、見つからなくて…ブレーキングで無理をしたら2人とも膨らんでしまい、アレイシ・エスパルガロを有利にしてしまうかもしれなかったでしょ。
第6コーナーで試してみたり…普通、僕はそこでは抜かないんですけどね…第13コーナーではミスってしまったし。それまで抜こうとしなかったのは、チャンスがなかったからです。
アレイシが僕らよりも速かったし…でも、彼だって、ずっと抜けずにいましたけどね。」


(参照サイト:『Moto.it』)

兄マルケスは『抑えた走り』をしていたのか?って話は、note『2022 ポルトガルGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. ◯◯◯◯は何故◯◯しないのか? より:

    (下Twitter映像)どこなん?

  2. タディの星に願いを より:

    リスクマネジメントが際立つレース展開だったね ミラーへのオーバーテイク劇は見事だった 逆境に立たされたマルク、変わったというか進化しましたな。 マルク2.0というか、マルクレボリューションというか、シン・マルクというかなにか名前つけたくなるww

  3. suezo より:

    マルケスもアレイシもミラーにぶつけられたくないから慎重でしたね。

  4. まる より:

    これ、やらない方がいいと思うですけど。
    立て直せれば問題ないけど、そうじゃない場合本人がコースに残る可能性が高いですよね。
    ブラインドコーナーとかは危険です。

    まぁ、でもやめないだろうなぁ。

  5. としあき より:

    どう考えても転倒のが危険だよ

  6. 栗原 より:

    これよこれ!
    ついに来た!

    中継見てて最初は分からなかったけど、リプレイでスーパーセーブだと分かった時に歓喜した。

    回復に時間がかかるのは分かっていた。
    だけど最近は「以前のマルケスには戻れないか…」と心配もしていた。
    だって回復しつつあると思わせるレースが無かった…とは言わないが、でも一部の条件が合った時のみ優勝、もしくは上位に顔を出す程度だったから…

    でも今回のコレを見て、やはり回復に時間がかかってるだけだと安心した。
    少しずつだけど回復していると安心した。

    今回のリザルトは残念だったけど個人的にはオッケーオッケー、リザルトなんてカンケーない。

    今年はまだまだ残ってるし、いや、今年いっぱいの時間をかけてもいい。
    近いうち、再びのマルケス無双を見せてほしい。
    そしてその時は来るんだと今回のレースで確信、安心した。

    確かに最近の混戦、それはそれでハラハラドキドキ面白い。
    でも手がつけられないブッチギリの展開も、スカッとするやら呆れるやらでキライじゃない。(←個人的にね笑)

    あとどーでもいいけど中継、左の順位表、ミラーとミルが分かりにくいわ…「J.Mil」と「J.Mir」、たまに順位が入れ替わったと勘違いするわw

  7. nav. より:

    もしこれが好不調のパラメータだとしたら気狂いでしかないw
    活き活き感は確かにあった。
    ただ、メット脱いだ後、妙な安堵感と言うか、何とか今日もやりきったみたいな意味深な表情に見えてしまいます。
    突き抜けて喜べる状態ではないよね。

  8. ugem より:

    あれが出来るんならまだまだ大丈夫だなと思いました。内心マルケスもうダメだろと思っていましたから。

  9. マッター より:

    久々に見れた!
    やっぱ凄いなマルケス!
    Mr.MotoGp

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP