MotoGP

マルク・マルケス再手術、復帰の日程は未定

『マルク・マルケス再手術、復帰の日程は未定』

★5月28日(土)、ホンダHRCが16時05分から会見を開くため記者陣を招集し、皆、最悪の告知がなされるのではないかと危惧した。

★実際のところ、告知内容は『ムジェッロGP後、マルク・マルケスがアメリカで右肩・右腕の再手術を受けるため、しばらく欠場する』と言うものだった。なお、マルケス選手は31日(火)に渡米する予定である。

★マルケス選手は2020年7月のヘレス開幕戦で負傷して以来、今回が4回目の手術となる。

★マルケス選手のコメント。

「あらゆることを試してみたけど、今は休んで療養するのが妥当でしょう。来週、手術を受けます。
負傷して以来、とにかく全てが大変で、こうした時期を乗り越えるのは難しいんですよ。復帰してからずっと、マシンで走っていても常に限界を感じていました。
元の状態に戻れるよう、医師陣の指示のもと、あらゆることをやってみたんですが良くならないんです。
相変わらず苦戦し…力が出ず、思うような操縦ができません。そのため左半身に荷重をかけすぎて、左肩に問題が出てきてしまいました。
去年の10月に複視の問題が再発し、その後、(右腕の)再手術の話が出て…今は骨も大丈夫なんで、手術できる状態になりました。
この4ヶ月間、とにかく出来ることはすべて試してみたんですが、なんの役にも立ちませんでした。それで、一旦休んだ方が良いだろうと言うことになったんです。
完治を目指すには、これが唯一の方法なんです。
復帰までどれぐらいかかるか分かりませんが、でも、手術は受けるべきだと思ってます。できるだけ早く復帰できれば良いんですが…でも、焦るつもりはないです。」

★アルベルト・プーチ氏(チームマネージャー)のコメント。

「レースウィークエンドの3日間、思ったような操縦ができるコンディションではないのですよ。
医師陣と状況を検討した結果、昨日、再手術をしようと言うことになりました。骨は手術に耐えうる状態になってます。マルクは渡米し、療養期間に入ることとなります。
我々はマルクがこの数カ月間、努力・献身してきたことに感謝しています。」

★5月28日(土)、マルケス選手は各セッションで苦戦し、FP3ではホンダ勢ワーストの21位だった。予選1ではジャック・ミラーの後追いをして2位を獲得。予選2では早々に転倒し、終盤7〜8分しか走行しなかった。

(参照サイト:『Moto.it』)

マルケス&ホンダ機は、どちらの問題が大きいのか?って話は、『2022 フランスGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    4回目となると悲観的にならざる得ないね
    一般的には手術を受ける度にダメージがあるから何度も受けるのは避けたいところ
    復帰が未定というより目処がたたないんだと思う
    今回も危ない転倒をしてるから走ってもその繰り返し

    覚悟してムジェロの走る姿を目に焼き付けます

  2. すぱおー より:

    復帰はWSBKでいいのでは?バウティスタの話だとGPよりはキツくないと言いますし…ブラドルよりレコーナ呼び戻してブラドルを今シーズンだけWSBK乗せたほうが良いとは思いますが…
    中上選手の頑張りとマルクとのフィーリングの一致を見るとポルより中上意見のマシン作ったほうが良かった気がしますね。もうちょい中上選手の意見聞いたげてほしいですね。ミールはマルクと似た感性でしょうし

  3. ZC33S より:

    >皆、最悪の告知がなされるのではないかと危惧した。
    外野からですと詳細な情報は判らないのが常ですが、パドック界隈ですと噂レベルで有ったのでしょうかね?
    予選結果の記事では、7月の5週のブレイクの間に再手術な噂が有ったのは確認出来ますが。

    しかし、昨年はコノ状態で3勝を挙げた訳ですから単純に腕だけの問題なのかチョット疑問に思う部分も。
    マシンの方向性、マンダリカの大転倒(と、それに伴う複視の問題)等も影響しているのでは?と邪推してしまいます。

  4. としあき より:

    今季のRC213Vに見切りをつけたように見える
    ヘレステストでもろくなアップデートされないしチャンピオンシップ戦うのは無理
    なら手術療養したほうが長期的にマシでしょう…自分の体のアップデートですね

  5. 裏六甲のスペンサー より:

    強いマルクの復帰を祈ってます。

    でもこの一件で、ホンダはライダーのラインナップについて再考せざるを得なくなるんでしょうね。
    マルクの復帰時期や復帰時の状態など予測不可能な要素も沢山ある中で、いつかチームとしては難しい選択を迫られるんでしょうか。

    ちなみに、もしマルクが2023年も開幕戦から復帰できないとしたら、個人的には代役はブラドルじゃなくて中上君が良いです。

  6. ロッシふみ より:

    2020年の開幕前、まさかこんな事になるとは誰も思わなかった。2019年同様の強さを示し続けて、早々にヴァレの残した記録を打ち破っていくと、ヴァレもマルケスも思っていたと思う。それくらい圧倒的だった。 正確には2020年のヘレス、2度目のハイサイドでの転倒が起きるまで当たり前のように2020年もチャンピオンを取ると皆が思っていた。 マルケスがあのスピードを出すために負っていたリスクと言うのは計り知れないんだなぁと実感。 ここまで長引くと、あとレベルまで戻る事は難しいかもしれないが。。今の最速ライダー達と競り合う姿を今一度見たい。あのマルクが既に29歳とは。。

  7. うに より:

    これでホンダはさらに迷走しそうですね。

    ポルは開幕戦で最高のマシンだ! って言ってたのに今はあれですし。

    中上は速いといっても結局FP1〜2なんですよね。
    今回の予選は棚ぼたのようなものだし。
    海外でもフライデーライダーとか言われちゃってるし。
    全体をコントロールする開発には向いていない。

    アレマルもすっかり元気がないし。

    手術が上手くいって以前の強さが戻れば、
    今のマシンでも勝てるんだろうけど、さてどうなるか。

  8. タディの星に願いを より:

    やはりアメリカが最高の医療をもってるから根本的にオーバーホールしようとオペ決めたようですね
    しかもザクセンリンクも捨てて…
    そしてチーム。ポルは去就を巡ってのらりくらりしてたのはマルクが長期離脱することからだったのだろうか。
    これまでホンダはずっとマルクをまってたけど、残り三人の高リザルト獲得のために、どうするかを決めないとね

     

  9. solo より:

    ちゃんと治して戻ってきて欲しいしこれまでの功績は称賛するけど・・・
    24年まで20億x4年を払うホンダはどう思ってるんだろう。
    マシンの開発費のためにライダーの給料を削りすぎなドゥカティもどうかと思うけど、マルク一人におんぶ抱っこでこうなったホンダも同様だな。

  10. motoGP大好き より:

    残念ですが昨日の予選のハイサイドを見た瞬間
    もう辞めといた方がいいと思いました。

    肩まで切ってまでの大手術と聞きました。

    もう決勝も走らないでいいから早く身体を
    休めて手術が成功する事を祈ります。

    来年はポルは当然解雇でミルが来るのは当然
    ですがリンスも獲りましょう。

    今年はSBKからレクォーナを代役で走って
    貰いましょう。

    LCRはアレックスも中上も辞めて貰って
    小椋&チャントラにチェンジ。

    これならホンダ3チームも作らなくていいから
    経費削減。

    マルケスが完治したらレプソル3台体制でも
    いいじゃないですか。

    完治するか、どうかも分かりませんが複視の
    心配もあるので引退しても普通の生活が送れる
    身体になって欲しいと思います。

  11. ドナルドT より:

    ヨーロッパでは腕とは別に複視の問題を深刻視してる記事が出て来てるから、そっちを含めた検査&治療なのかもね。
    野球等のトミージョン手術等、腕の神経はある程度代替えとか再生出来ても、視神経は外科的治療は確立されてないから、視神経系なら更に心配なです。
    29歳って先はまだまだ長い訳だから、引退でも良いと思うなぁ。
    MotoGPだけが人生じゃ無いよ。

  12. POP84 より:

    ポルとマルケス弟の契約が2022年まで、中上選手も2020年末に複数年の契約となっていますので、今回のマルケス兄の長期離脱はHRCは来期のライダーの選択で頭を悩ませるかもしれませんね。

  13. トロンテギ世代 より:

    ホンダにとってマルクは功労者だし、ホンダに乗るライダーの中では今なお1番速いから、本人が引退しない限り無期限契約でしょう。栄光のレプソル・ホンダのあと1人は、天才的なライダーに乗せたいですね。P.アコスタが良いと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP