MotoGP

クアルタラロ『ロングラップペナルティのために気違いみたいなことはしたくない』2022ブリティッシュGP

『クアルタラロー:』ロングラップペナルティのために気違いみたいなことはしたくない

★8月5日(金)、ブリティッシュGPでファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)がFP1で4位、FP2で首位だった。なお、FP総合も首位である。

★クアルタラロー選手はオランダGP決勝戦での転倒によりロングラップペナルティを科せられ、今回のレース中に実行しなければならない。

★クアルタラロー選手がFP2後、次のように話した。

【今回のレースでロングラップペナルティを実行しなければならないが…】
「ロングラップペナルティは長いでしょうねぇ…でも、結局、それほど酷いもんじゃないんですよ。
もちろん、何メートルか余計に走るんだからタイムロスはあるだろうけど、でも、バルセロナのとは違うから…あそこは、けっこう長いこと正規コースから外れてしまうんですよね。
チームと一緒に色々と検証してみたんですが…結局、どれぐらいロスするのか良く分からなくって…。」

【以前、ブルノ戦で科せられたことがあったが…】
「あの時とは状況が全然違うでしょ。ブルノの時はラスト5〜6周ってとこでやったけど、今回は序盤にやらなければならないから、もっとリスクがあるでしょ…後続してきた選手らと競り合いになってしまうかもしれないんだから。
とにかく、このペナルティのためにキチガイみたいなことはしたくないんですよね。」

【今日は何度も(ロングラップペナルティを)試していたようだが…】
「イエローフラッグに遭遇する度に試してました。今日は5〜6回やってみたんじゃないかなぁ…。
明日、チームと話し合って、ベストな作戦を考えようと思ってます。とにかく、0.1秒稼ぐために転倒のリスクを犯すようでは意味ないですからね。」

【今日、ドゥカティが新エアロダイナミクスを試していたが…】
「見ましたよ。まるで『ワイルド・スピード』みたいでねぇ。」

【今日のフリープラクティスについては?】
「1ヶ月の休暇後、初めてのレースウィークエンドだから、キツい金曜日でしたよね。以前のように然るべき動きができるよう…スムーズにテキパキ動けるようになるには、ちょっと時間がかかるでしょう。
しかも、オランダ戦の転倒で負傷して以来、トライアル以外のオートバイには乗ってなかったんだし。
今回のシルヴァーストンでは特にハードブレーキングで苦労してしまうんですよ…例えば、第8コーナーとかですね。ブレーキを緩める時に加減が分からなくって。」

【昨日、ロングラップペナルティの下見をしたそうで…】
「実は昨日、自転車でも試してみたんですが…距離的には長いけど、それほど酷いもんではないんですよね。
でも、こう言う処罰を受けるようなことはしてないと思うんですが…今後、こうした処罰を出す際の判断基準になってくれたら良いなと思ってます。」

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

クアルタラロー処罰により審判団の評判ガタ落ち…って話は、note『2022 オランダGPまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP