MotoGP

ミル棄権『右足の感覚がない…』2022アラゴンGP

『ミール棄権:右足の感覚がない…』

★9月17日(土)、アラゴンGPに参戦していたジョアン・ミール(スズキファクトリー)が、右足首の痛みにより棄権を決めた。

★ミール選手は8月末のオーストリアGP決勝戦ででハイサイド転倒し、右足首の靭帯を損傷し、サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPを欠場した。
今回のアラゴンGPで復帰し、土曜FP3セッション終了まで走行したが、あまりにも痛みが酷かった。

★ミール選手は次の茂木GP(9/23〜25)も欠場となる。代役が参戦するかどうかは未定。

★ミール選手のコメント。

「今回、現地入りする前に、医師陣から参戦は無理だと言われてたんです。ただ、リハビリのおかげで良くなってはいたんで、チャレンジできるんじゃないかって言う手応えが100%あったんですよ。
まぁ、皆さんも気づいていたように、昨日、僕の表情は決して晴れ晴れとはしていなかったでしょ。でも、今朝は、とりあえずは良い感じだったんです。
ところが、2回出走したぐらいから右足が震えだし、感覚が全然なくなってしまい…最大限の走りはできない状態だったんですよ。
残念です…頑張ってはみたけど、10〜12位のために参戦しても意味はないから…タイトル争いをしているわけでもないですしね。
重要なのは、できるだけ早く完治させることの方でしょう。」

【復帰はタイGPの予定だそうで…】
「医師陣から、茂木参戦は無理だと言われてるんで…。タイまでに良くなってくれると良いんですが。
出発前にまた検査をして、それで参戦するかどうかを決める予定です。」

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

モトGP代役ライダー問題については、note『2022 サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    契約も決まったのだからHONDAとしては無理して欲しくないだろうな
    宮城御大が茂木で日本人ライダーが多く参戦できる!って浮かれてるのもなんだかなぁ

  2. motoGP大好き より:

    足首の靭帯と言うのは無理したら元に戻らなくなる。

    手術しても成子率は低く無理をしたら伸びたままになるから安静にして圧迫固定するしかない。

    スズキは今年で撤退し来年はレプソルホンダに
    決まってるんだから無理する必要は何もない。

    なんなら今季は全て欠場して怪我の治療に
    徹底してもいい。

    来年から速い走りを見せてもらう為に。

  3. タディの星に願いを より:

    解説がいつもライダーが痛いって言ってる時は相当痛いっていうのはその通りなんだろうけど、評価下がるのを恐れて、強がって、プライドをかけてるから走っちゃうものなんだよね 今年のミルには本当に同情しちゃいますよ、、

  4. 元草レーサー より:

    スズキの代役参戦て、来年度以降に繋がらないから微妙、渡辺選手、も一回乗るんかな〜、メーカーの垣根越えてトプラクとか、、SBKあるからな〜、

  5. ミラノマルコ より:

    ちょっと様子をみてミル。

  6. としあき より:

    レプソルが野戦病院になっちゃう

  7. キャメル より:

    私も2ヶ月前に足首の靭帯切ってしまったが、治ったと思って歩いてると、その晩に鈍痛と共に腫れてくる。体重かける操作なんて無理wwやっぱ暫く固定するしかないかな(汗)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP