MotoGP

ミラー『僕はKTMに行ってしまうから、別の誰かがペッコ励まし係になるでしょ』2022タイGP

『ミラー:僕はKTMに行ってしまうから、別の誰かがペッコ励まし係になるでしょ』

★10月2日(日)、タイGP決勝戦でジャック・ミラー(ドゥカティファクトリー)が2位だった。

★好スタートを切り、何周か首位を維持していたが、ミゲル・オリヴェイラ(KTMファクトリー)に抜かれてしまった。

★ミラー選手のコメント。

「ミゲルがマジで速かったんですよ。第3〜4セクターが速いんだけど、その辺って、なぜかこっちは苦戦してしまってたんですよねぇ。
こっちは第1〜2セクターは速かったんで、その辺でプッシュして引き離そうとしてました。抜かれた時は、なんとかピッタリくっついて、終盤で抜き返してやろうと思ったんですが…ダメでしたね。」

【レース前、バニャイア選手のことを励ましていたそうで…】
「ウォームアップの後、ちょっとピリついてたんですよ…ペッコ(バニャイア)が、上がりやすいタイプだってのは周知の事実だから。
それで話しかけて、『ウェットでも強い走りができてたじゃないか』とか『雨のことも総合順位のことも考えるな』って言ってやったんですよ。
まぁ、来年、こっちはKTMに行ってしまうんだから、誰か別の人間がペッコの励まし係になるんじゃないの。よく出来たチームなんでね。」

(参照サイト:『Motosprint』)

ミラーの真の限界点とは?って話は、『2022 日本GPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥7,176
(2022/12/02 21:44:38時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. プラダ より:

    シーズンの初めはドゥカティに残って欲しかった。
    赤いミラーペッコの2人がしっくり来て好きだったから。
    でも、今のままだとミラーがペッコに遠慮する時もあるし、本人の意思だったとしても、
    やっぱりチャンピオンになって貰いたいファンとしては、KTMで伸び伸びとやって欲しいなーと思う様になった。
    ドゥカティと言う大きな組織の中では、当たり前だとしてもファンからしたら違和感もあった。
    残り数戦は赤いミラーをしっかり見納めしようと思う。
    次戦オーストラリアでは思っきりやって欲しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP