MotoGP

ドゥカティ『2016年アルゼンチン戦のドヴィvsイアンノーネのようになって欲しくない』2022マレーシアGP

使用済
『タルドッツィ:2016年アルゼンチン戦のドヴィvsイアンノーネのようになって欲しくない』

★10月23日(日)、マレーシアGP決勝でフランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)が、エネア・バスティアニーニ(ドゥカティグレジーニ)との競り合いの末、優勝した。

★同リザルトにより総合順位は以下のようになった。
首位バニャイア(258ポイント)、2位クアルタラロー(235ポイント)、3位アレイシ・エスパルガロ(212ポイント)、4位バスティアニーニ(211ポイント)、5位ミラー(189ポイント)

★レース後、ドゥカティがバスティアニーニ選手に対し、『チームオーダー』ならぬ『メーカーオーダー』を出したのではないかと物議を醸した。

★ドゥカティのダヴィデ・タルドッツィ氏(チームマネージャー)のコメント。

【バスティアニーニ選手が、みずから減速した可能性はあるの?】
「うちの選手らに、『少し気をつけて欲しい』とは言ってあります…(バニャイアに)一か八かのオーバーテイクなんかは、かけて欲しくないんでね。
ずいぶん前の話になるが、ドゥカティでは今でも2016年のアルゼンチン戦のことが強く記憶に残ってるもんですからねぇ(※最終ラップでイアンノーネがドヴィツィオーゾを、無理に抜こうとして両者転倒となった)。
エネアには余力があったものの、(第11コーナーでバニャイアを)抜いた後、少し失速してたんですよ。それでペッコが抜き返したら、またエネアが強い走りをし始めてね。タイムを見ると明白なんだが、あえてペッコを抜かなかったのではなく、単純にエネアの方が遅かったんです。
レースの間ずっと、特に問題なく抜きつ抜かれつしてたんですけどね。とにかく、ドゥカティがチームオーダーを出さなかったと言うことが証明されたでしょ。」

【バスティアニーニ選手が取った行動は、理に適っていたの?】
「それは本人に聞いてみて下さい。まぁ、もう少し『ソフト』な走りができたかもしれないだろうが…とにかく、勝てると思っていたわけでしょう。」

【来年、あの2人はチームを組むわけだが…ドゥカティ側では心配しているの?】
「してませんよ。2人とも強い選手であり、我々3人でもって…ジジとタルドッツィとチャバッティの3人でもって、できる限り状況を上手くコントロールしていきますから。」

【今年のタイトルは取ったも同然?】
「何が起きるか分からないが…まぁ、とりあえず99%はそうですね。」

【今回のバニャイア選手については?】
「あのスタートでもって、チャンピオンライダーだってところを証明してましたね。
今年は7勝をあげ、昨シーズン終盤の6戦では4勝してたじゃないですか。たとえ転倒した時でも、常に前を走っていたし。
世間はペッコのことを軽視してるようだが、あれをチャンピオンライダーと呼ばずして何を…?って感じでしょ。今日は精神的な強さも見せ、最強選手の決意ってものを感じさせてたじゃないですか。
ペッコの実力が、もっと高く評価されて欲しいと思ってますよ…同じマシンに何人も乗っていると言うのに、とにかくトップに立つのはペッコなんだから。」

【ファビオ・クアルタラローについては?】
「世界チャンピオンらしいところを見せてましたね。」

(参照サイト:『Moto.it』)

バニャイアvsクアルタラロー、なにがそんなに違うのか?って話は、note『2022 オーストラリアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥150
(2022/12/06 00:32:17時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. すぱおー より:

    2024までどこのチームも空かずにYAMAHAはキツいって話だけど来季いいマシン作れたらvr46だけじゃなくてグレシーニ、プラマックも空くわけだからな…プライベーターでもトップ争いできるマシンにしてドゥカティが貯め始めてる不満を利用してどっか口説いて欲しいところです

  2. ・v・ より:

    14位と優勝?以上ってのがねえ。転倒と3位4位ならもうちょっとありそうだけど。でも93%くらいじゃないかな、まだ。

  3. 111 より:

    軽視してる?っていうかバニャイアにケチが付くならメーカーのせいだよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP