MotoGP

アレックス・マルケス『ドゥカティ機は素直で良いマシン…操縦しやすい』2022 バレンシアテスト

『マルケス:ドゥカティ機は素直で良いマシン…操縦しやすい』

★11月8日(火)、バレンシアサーキットで2023年に向け、モトGP公式テストが行われた。

★アレックス・マルケス(ホンダLCRからドゥカティグレジーニへ移籍)が同テストでドゥカティ機の初乗りをし、15位だった。

★アレックス選手のコメント。

【今日のテストについては?】
「かなり上手くいきました。各セッションでの毎周回が楽しくって…どこのコーナーを走っても面白かったです。
もちろん、手を入れるべきところは山積みだけど、でも、第1周目からとにかく乗りやすいんですよ。戦闘力はまだそれほど高くないけど、でも、既に戦闘力があると言うことが良いですよね。
タイムアタックだけ、ベストなアプローチができなかったんです。でも、マシンは改良の余地がたっぷりありますね。
特にこれと言った物はなにも試してないです…僕がマシンに慣れることを中心にし、マシンを僕に合わせるような作業はしてないです。
長い冬になるでしょうね…とにかく、今回のテストは大満足だし、ピットボックス内の雰囲気にも満足してます。ファーストコンタクトは実に上手くいきました。」

【マシンに楽に合わせていけそう?】
「限界ギリギリの走りをしようと思ったたら、どこのマシンも難しいですよ。
でも、(ドゥカティ機は)素直なマシンですね…曲げやすいし、周知のとおり馬力は凄いし、けっこう自然に慣れていけるようなマシンです。
出力レベルもねぇ…あと、これまで乗り慣れてたマシンとポジションがかなり違うんですが、速攻でいい感じになりました。
あとは走り込んで、チームと一緒に経験を積んでいかないと。しっかり切り替えて、あまり考え込まないようにしないとね。
こっちは作業の進め方がちょっと違うんで、それにも慣れていかないと。」

【ライディングスタイル的にはどう?】
「コーナー進入が変わりますね…かなり早い段階から深く倒していく感じで。それ以外は自分の自然なスタイルで大丈夫です…このマシンの方が少し楽ですかね。
あと、アクセルも機能の仕方が違うんですよ。もっと苦労するかと思ってたけど…まぁ、今はとにかく走り込んでいかないと。
手応えはかなり良いです…ここではグリップがけっこうあるし、フロントの信頼感もしっかり掴めて…あと、ブレーキングの信頼感も良いですね。」

【長所はどの辺?】
「正直に言うなら、全てにおいて、それなりに長所がありますね…加速とか、ブレーキングとか。」

【想像していたのと違う点もある?】
「加速でかなりアグレッシブなマシンだと思ってたけど、パワーがある割には出力はけっこうソフトで…おかげでライダーは操縦しやすいですよね。」

【兄マルク選手が嫉妬しそう?】
「どうですかねぇ…どちらにしろ、兄は超速だろうから。」

【グレジーニチームはどう?】
「ポジティブな雰囲気で、皆、嬉しそうにしてます。あと、皆、すごく良く食べるんですよね。
今朝、ホスピタリティで朝食を取ったんですが、まるでホテルみたいでした。スタッフの皆も、すごく良い感じですよ。」

【第1ラップはどうしちゃったの?】
「第1ラップでは、マシンと息を合わせる必要があるんで…超低速で走ってました。」

【去年のテストと比べると…?】
「去年のテストはけっこうポジティブだったんですよ…ところが、その後のマンダリカで散々な状態になってしまって…。」

【来シーズンに向けての目標は?】
「ポルティマオ開幕戦までにきちんと仕上がるよう、きちんとしたベースを作っていくことです。
こう言うマシンだと言うことはポジティブなんですが、シーズン中は新マテリアルを試すようなことはないんで…今あるものが完全にしっくりくるよう、集中していけますね。」

【エルゴノミクスは、どう手を入れていくの?】
「ポジションを変えて行く予定だけど、どう言う風に変えるかは言えません。
序盤ラップでは少し変な感じだったけど速攻で慣れて、良い感じになりました。本当に良いマシンですよね。」

【ホンダとドゥカティでマシンはどう違うの?】
「それ、契約上の理由から言っちゃいけないことになってるんですよ。まぁ、とにかく、違ってますけどね。」

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

マルク・マルケスのバニャイア後追いは、ライディング研究のためなのか?って話は、note『2022 マレーシアGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    結構ペラペラ喋ってるね
    以前は他へ移籍すると年内は塩漬けかテストしてもコメントNGだったよね

    これも時代なのかな

  2. ブリッジ より:

    乗り易くて15位か…。ま〜本戦で成績が良ければ本当だろうね。

  3. えいぼう より:

    弟マルには来季頑張ってもらってベスト6位以内に何度も入ってもらいたい。そして兄マルの呼び水になってもらいたい。そこからが新生ホンダの出発点となるよ。

  4. レース好き より:

    この世界は結果が全て、そんなに良いマシンならあとは己の実力だけという事に、さてどうなりますことやら。

  5. えいぼう より:

    中上さんも同じチーム内では 弟マルよりリンスの方がやりやすいんでないかい?

  6. ロッシふみ より:

    2011年にケイシーがホンダのマシンがドゥカティと比べてめちゃくちゃ乗りやすい!と言ってたのを思い出す。ケイシーはチャンピオン取ったけどアレックスはどうかな?がんばれ! そして、その乗りやすいホンダを作る上で果たしたダニの役割は大きかったんだなぁと改めて感じる。

  7. 田中 より:

    真価を発揮してくれ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP