SuperBike

バウティスタSBK総合優勝『僕を信じてくれる人は少なかったが、勝てるライダーだと自覚してた!』

『バウティスタ:僕を信じてくれる人は少なかったが、勝てるライダーだと自覚してた!』

★11月13日(日)、SBKインドネシアラウンドのレース2でアルヴァロ・バウティスタ(37才、ドゥカティ)が2位となり、今年の総合優勝を決めた。

★バウティスタ選手は2006年に125ccクラスで総合優勝し、2008年は250ccクラスで総合2位となった。
2010〜2018年までモトGPクラスに参戦し、最高リザルトは2012年の総合5位(※ホンダ機)である。
2019年にドゥカティ機でSBK参戦を始め、総合2位を獲得するが、翌年からホンダに移籍。今年、ドゥカティ機に復帰し、タイトル獲得の快挙となった。

★バスティスタ選手のコメント。

「信じられないようなシーズンでしたね。4年前にSBKタイトル獲得を目指し始め…本当にちょっと信じられない感じですよ。
チームや作業グループと一緒に物凄いことを成し遂げ、ここマンダリカで勝利を掲げることができました…鼻が高いですよ。」

【2019年に初めてドゥカティSBKに加入した時と比べ、かなり色々と変わっていたようだが…】
「2019年はマシンもトラックもタイヤのことも、良く分からなかったしねぇ。ここ数年でかなり経験を積み、なんと今日は世界チャンピオンになったってわけで。
今年は過去に犯したミスから学ぶようにし、無駄なリスクを避け、それなりの順位で甘んじるようにした時もありました。やはり、安定が勝利に導いてくれたってことなんでしょ。」

【今年は常に表彰台に上がっていたような印象で…】
「そうですね…唯一ミスってしまったのは、ドニントンのレース1ぐらいですよ(※リタイア)。
難しいタイトル争いでしたけどね…SBKのレベルは爆上がりしてるし、ライバル陣の実力に関しては言うまでもないことでしょ。トプラク(ラズガットリオグル)やジョニー(レイ)は、全力で走ってたんだから。
自分にとって、これがゴールとは言いませんよ…まぁ、今後、さらに頑張っていけるような励みにはなるでしょう。」

【これまで山あり谷ありで…】
「36才の時、それまでのモトGPキャリアを思えば、もう完全に引退してしまうこともできたんですよ。
でも、胸の奥底に『自分は勝てるライダーなんだ』って気持ちがあって、二輪レースを楽しみ、この業界にもうちょっと何か残せる力はあるって思ったんです。
最終的に思ってた通りになりました…もうね、信じられないような喜びですよ。」

【ちょうど1年前、貴方はヘレスでドゥカティ機に再び乗り、新たな挑戦に乗り出したわけだが…】
「ホンダに居た時は幸せではなかったですね。辛かったですよ…思っていたようなことができず、マシンに乗っていても確信は掴めないし…自分がいるべき場所じゃないって感じでした。
去年11月のヘレステストで乗ったドゥカティ機は、2019年のとは別物で…とにかく、乗っていてもワクワクするし、幸せな気持ちになって…『乗りたかったのは、こう言うマシンなんだよ!』と思ったんですよ。
パニガーレV4機は超絶マシンって感じで、チームも物凄いし…この『Aruba』チームって言うのは、以前からベストチームの1つですしね。」

【結局、ドゥカティArubaチーム復帰は誰にとっても吉と出たわけで…】
「プライドのためだけにドゥカティに戻らないなんて、馬鹿みたいじゃないですか。僕は1年前、セラフィーノやチェッコーニ(Aruba幹部陣)に戻りたいと直談判し…彼らの方でも、戻って欲しいと思ってたわけなんですよ。
僕のことを信じてくれた人はわずかだったし、復帰にあたり、かなり批判もされました。でも、僕は自分の実力に自信があったし、何ができるかも分かってたんで。
そう言う状況だったんで、このタイトル獲得は僕の復帰同様、記憶に残るものになるでしょう。」

【ドゥカティはモトGP/SBKのダブル総合優勝となったものの、ドゥカティ機でSBKレース優勝していたのは貴方だけだったが…】
「パニガーレV4機に乗れば、即勝てるわけではないんです。マシンのポテンシャルは超ド級だけど、それを引き出せるかどうかが問題なんで。
けっこうコツが必要なんですよ…あと、特に細かい箇所にどこまで気を配れるかとか。そう言った諸々のおかげで、勝てるようになるんです。」

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

ドゥカティ幹部、レース中の三者協議は何を話してたのか?については、無料noteでどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. zuwaigani より:

    タイトルを取ったRSV4のような、ブレーキング時の安定性がほんの少し悪い以外は最高と八代さんに言わしめた時代を思い出しました。
    当時のRSV4は今年ドカをMotoGPタイトルに導いたジジ主導で開発されてましたね。
    スズキ時代からバウは見ていたライダーなので今季のタイトル獲得は遂にやった!って感じで嬉しかったですね。

  2. maxtu より:

    とりあえずバウティスタおめでとう
    高齢(笑)王者がSBKの歴史だもんねぇ

    GPもSBKも皆んなDUCATIに乗りたがるライダーが増えるだろうな

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP