MotoGP

ダッリーニャ『ドゥカティの8選手体制は、今後も続きそう?』

『ダッリーニャ:ドゥカティの8選手体制は、今後も続きそう?』

★2022年はドゥカティ圧勝の年であり、2023年はドゥカティファクトリーの両選手(バニャイア&バスティアニーニ)がモトGPタイトルを争うだろうと予想されている。

★ドゥカティのジジ・ダッリーニャ氏(ゼネラルディレクター)が、2022年12月中旬のインタビューで次のように話した。

[ 前半はこちら ]

【ライバル陣からは『ドゥカティはベストマシンだ』と言われているが、選手も粒ぞろいなのでは?】
「何年か前から若手選手を取り立てることにし、現在は大勢揃ってますね…この手の方策でやっていくには、人数を増やした方が良いわけだから。
私は若い選手と作業をするのが好きなんですよ…まぁ、リスクではありますけどね。才能を開花できず、道に迷う可能性もあるのだから。
うちは参戦選手を増やすことにし、成果を上げています。なかなか良いチョイスだったし、貴重な選手ラインナップになりましたよ。
彼らが実力を発揮できるよう、必要なものは提供していけますよ。」

【ドゥカティの8選手体制は、今後も続きそう?】
「すべての流れが、うちに逆行していることは明らかでね。
各メーカーはプライベートチームを持つことで運営側から相当額を受け取っているが、うちはプライベートチームの数が多いと言うのに、マシンを割引額で提供してるんですよ。
このままずっと8選手体制を続けていくのは厳しいだろうが、まぁ、可能な限り続けていきますよ。」

【次の夢は?】
「タイトル防衛ですね…かなり難関のようだが。目標達成に向け、全神経を集中させていきますよ。」

【来年はモトEのワンメイクも手がけることになるが…】
「同マシンの制作は白紙状態から始めたのですが、プランナーの人生においてそうそうないことですからね。まぁ、なかなか魅力的な話ですよ。」

【クリスマス休暇に向け、自分になにかご褒美はあるの?】
「もちろん、家族と一緒に過ごし、これまでの諸々を振り返りつつ、友人らとも少し一緒に過ごしますよ…人生にとって、重要な側面ですからね。」

(参照サイト:『Gpone』)

なぜアンドレア・ロカテッリはVR46アカデミーに入らなかったのか?…って話は、note『無料記事』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP