MotoGP

2023 セパン・シェイクダウン:各チームがメディアを立入禁止に

『2023 セパン・シェイクダウン:各チームがメディアを立入禁止に』

★2月5〜7日にセパンで、モトGPのシェイクダウンが行われる。

★各メーカーは同シェイクダウンで、まずテストライダーに新マテリアル/マシンを試用させ、後日、公式セパンテスト(2/10〜12)で正規選手らに確認させる。
なお、シェイクダウンにはルーキー選手も参加できる(※今年はGASGASテック3のアウグスト・フェルナンデスのみ)。

★シェイクダウンに参加する予定のテストライダーは、以下のとおり。
ダニ・ペドロサ(KTM)、カル・クラッチロー(ヤマハ)、ステファン・ブラドル(ホンダ)、ミケーレ・ピッロ(ドゥカティ)、ロレンツォ・サヴァドーリ(アプリリア)

★今年、シェイクダウンに関しては各メディアに対して非公開とされ、メディア陣はプレスルーム/ピットレーン/パドック等、サーキット内の全エリアに立入禁止とされた。
理由は、昨年中、各チームが『IRTA(チーム連盟)』に、「新マシンの準備作業中、ピットボックスにメディア陣がいない方が良い」と要請していたから。

★なお、同要請は1月18日にメディア陣に通達されたため、ジャーナリスト陣は既に航空券やホテルを予約していた。

★シェイクダウンは走行ライダー数が少ないためマシンの詳細を観察しやすく、昨年11月のテストからどれだけ進化したかを把握しやすい。

★なお、公式テストの方は、例年通りメディアに公開される。

(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Gpone』)

スプリントレースによる各種変更については、note『スプリントレース賛否両論、批判続出!!』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP