MotoGP

バニャイア『2023年版ドゥカティ機の方が僕のスタイルに合う!!』2023 ポルティマオテスト

使用済

『バニャイア:2023年版ドゥカティ機の方が僕のスタイルに合う!!』

★3月11〜12日、ポルティマオテストサーキットでモトGP公式テストが行われた。

★フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)は、初日は首位(1’38.771)、最終日は首位(1’37.968 6)で総合首位だった。

★バニャイア選手のコメント。

【貴方もドゥカティ機も絶好調で…】
「そうですね。もし今日がレース本番だったら、優勝候補なんですけどねぇ。
満足です。今回のテストでかなりの作業ができたし、今日はやっと2023年版マシンのことが理解できて…2022年版よりも好きですね。こっちの方が僕のライディングスタイルに合ってるし、思い通りの走りができるんですよ…新タイヤでもユーズドでもね。
今回のテストは大満足だったし、開幕に向けての準備も整いました。」

【今日は、唯一、1分37秒台まで出し…】
「かなりの戦闘力でねぇ。僕は1’37.8を目指してたんですが、第8コーナーでミスってしまって…ちょっと早過ぎたんもんだから、立ち上がりでちょっとドタバタしてしまって。
まぁ、それも良しとします。今日は午後も大変だったんですよ…風が強くなってきたもんだから。」

【『スプリントレース』については…?】
「けっこう厳しいですね。他の選手らは『速攻で最大プッシュをしていく』って言ってるけど、僕の解釈は違っていて…
正直なところ、ここのトラックでは無理だと思うんですよ…他のトラックなら有りなんですけどね。体力的に最初から最後までプッシュするのは難しいでしょ。
ソフトタイヤの場合だと、かなりタレてしまうわけだし。『38.1』だと、ちょっと走ったら減速しなければならなかったし…ミディアムだとコンスタントには走れるんですけどねぇ。
どう言う走りをするかは、サーキットごとに変わってくるでしょうね。」

【今回のテスト結果からしても、やはり、貴方が今年のチャンピオン候補だが…】
「実のところ、テストで全てを判断するのは無理なもので…他の選手が何を試しているのか分からないんですから。
これがレースウィークエンドだったら、自分は優勝候補だって思えるんですけどねぇ。
とにかく、今はもっと改善していくことに集中していきます…例えば、『スプリントレース』とかね。」

【選手全体の力関係はどんな感じ?】
「正直に言うなら、1周タイムもペースもヤマハが大きく前進してますね。『スプリントレース』では、ファビオ(クアルタラロー)が速くて強かったし。
ホンダは色々と大量に試していたようなんで、レースに向けて上手くまとめることができれば、前に出てくると思いますよ。
ドゥカティはエネア(バスティアニーニ)がけっこう速いし、マリーニもそうですね。
3人名前をあげるとしたら…エネアにマルケス、そして、クアルタラローでしょうね。」

【『スプリントレース』は難しいと言っていたが…では、日曜レースの方は?】
「腕の良い理学療法士にサポートしてもらう必要があるでしょうね。
皆、密度の高いレースウィークエンドに向けて、身体は仕上げてきてるんですけどね。」

★開幕戦は同トラックで、3月24〜26日に行われる。

(参照サイト:『Moto.it』)

やはり最強はフランチェスコ・バニャイアって話は、note『2023年セパンテストまとめ 欧州メーカー編』でどうぞ!

created by Rinker
La-VIE(ラヴィ)
¥1,091
(2024/06/20 15:53:03時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP