MotoGP

ザルコ『わざと追い上げレースをしているわけではない』2023 アルゼンチンGP

使用済

『ザルコ:わざと追い上げレースをしているわけではない』

★4月2日(日)、アルゼンチンGP モトGPクラスの決勝戦でヨハン・ザルコ(ドゥカティプラマック)が、グリッド6位から2位でゴールした。現在、総合3位。

★ポルトガル開幕戦でも追い上げレースで4位を獲得していたが、ザルコ本人は「そう言う戦法にしているわけではない」とのこと。なお、前回はドライで今回はウェットでの追い上げだった。

★ザルコ選手のコメント。

「実は、僕はレースの前半部分でも、かなり集中して走ってたんです…このコンディションなら表彰台も可能かなと…もしかしたら優勝だって…と思ったもんですから。
ところが、第8〜9ラップまでは、他の選手らの方がリズムが良かったんですよ。なんとか競り合っていこうと頑張ったけど、現状維持が精一杯で…上位6選手なんか、アッと言う間にすっ飛んで行ってしまってねぇ。」

【しかし、レース中盤から様子が変わり…】
「(他の選手らは)リアのグリップで、僕よりトラブってる様子でした。一方、僕の方はペースが良くなってきてね。
それで追い上げていくことにして…ただ、さすがに表彰台は厳しいだろうって感じでした。
ラスト11周以降は上位選手の姿も見えず…こっちはまだ7位だって言うのにね。でも、そのまま集中して走り続けたんです。
でも、(電光掲示板に自分が)5位って出ても、前には3人しか見えないんですよねぇ…。いったい、首位はどこにいるんだろうって思ってましたね。」

【今回は2位だったが…】
「遅かれ早かれ、僕にもチャンスが巡ってくるでしょう。どこに手を入れるべきかは分かってるし、ドライでも問題点は同じなんで。」

【なぜいつも終盤で速くなるの?】
「別にわざとやってるわけじゃないですよ…僕にも正確な理由は分かりません。
グリップのレベルが良ければ、誰でもすぐに好ペースで走っていけるじゃないですか。ところが僕の場合、少しタレてくれないと思う存分走れないんですよ。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Gpone』)

新しくなったモトGPは賛否両論……って話は、note『2023 ポルトガルGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,400
(2024/06/22 07:39:02時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP