MotoGP

VR46『アルデゲルとは本格交渉していない』アレッシオ・サルッチ

『サルッチ:アルデゲルとは本格交渉していない』

ヴァレンティーノ・ロッシ率いるVR46チームは、2022年からドゥカティ機でモトGP参戦している。

★2023年はチーム部門で総合3位、ライダー部門でもマルコ・ベッツェッキが総合3位となった。

★なお、ドゥカティとのプライベーター契約は2024年末に終了するため、現在、ヤマハやKTMから勧誘されている。

★VR46チームのアレッシオ・サルッチ氏(スポーツディレクター、ロッシ心の友)が、伊サイト『Gpone』の12/16付けインタビューで次のように話した。

[ 前編はこちら ]

【マリーニ後任のファビオ・ディ・ジャンナントニオは、初のVR46アカデミー以外の選手だが…】
「いつかこう言う日が来ることは、最初から分かってましたからね。
ディッジャには大満足ですよ…あの姿勢が良いんですよね。話してみた時も良かったし、ヴァレンシアテストの時も良かった。
そろりそろりと浮上してきて、こっちが好印象を抱いた辺りでガツンと強い走りを見せてくれてね。
僕にとっても初の試みだし、良さそうじゃないですか…アカデミー出身じゃない選手との初タッグですからね。」

【当初、モト2のフェルミン・アルデゲルを狙っていると言われていたが…】
「全般的に見て、僕はルーキー選手の方が良いと思ってたんですよ…育成目的のプロジェクトなのだし、フェルミンのことはけっこう気に入ってましたからね。
一応、話はしてみたんですが、やはり、ボスコスクーロ(チームマネージャー)が首を縦に振らず…モト2継続ってことになったんです。
結局、本格的な交渉には至らなかったですね。違約金などの話題にも行き着かなかったし。
ただ、ディッジャはB案だったわけではないんですよ…ちょうど強い走りをしていたし、2回ほど本人と話してみて、うちに来たい気持ちが強いことも分かっていたし。
まぁ、同じ頃、他の可能性もあったわけでしょ…つまり、行き先がない選手と言うわけではなかったから。」

[ 後編に続く ]

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

バスティアニーニ復活の理由は…技術面?メンタル面?…って話は、note『2023 マレーシアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
能作
¥7,700
(2024/04/17 10:28:43時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP