MotoGP

マシア『黙ってたって誰もタイトルをくれやしない…やれることは何でもやっただろう』

『マシア:黙ってたって誰もタイトルをくれやしない…やれることは何でもやっただろう』』

★2023年11月19日、カタールGPのモト3決勝でジャウメ・マシア(23才、レオパードレーシング)が優勝し、総合優勝を決めた。
同レース中、マシア選手とチームメイトのエイドリアン・フェルナンデスは、タイトル争いの相手であるアユム・ササキ(23才、Liqui Moly Husqvarna Intact GP)に走行妨害をしたため、レース終了後、ファンや識者から批判の声が出ていた

★なお、ササキ選手は同レースで6位となったものの、ヴァレンシア最終戦で初優勝を決め、最終的に総合2位(-6ポイント)となった。

★マシア選手が伊サイト『Gpone』の11月20日付け記事で、次のように話した。

【遂にモト3チャンピオンとなり…】
「まだ信じられないです。今は上手く言い表せないぐらい大きなことで…まるで夢でも見てるような…本当かどうか分からないような…
こう言うものを獲得するために、僕はこれまでの人生ずっと苦労してきたんですから。
(チャンスが)目の前まで迫ってくるまでは…実際に、手に入れるまでは、どんな気持ちなのか想像もできないでしょうね。
まだ、実感がなくて…なんて言えば良いのか分からないんですよ。」

【決勝戦ではライバルであるササキ選手に、限界超えの戦いを仕掛けていたが…】
「僕にとっては、ちょっと難しいレースで…レースディレクションから何回かメッセージも来てたけど、正直なところ、あまりに気にしてませんでした。
本物のレースでしたよね…僕はやりたいようにやったし、大満足ですよ。
今週末は楽しめました…マシンに乗る前はけっこう緊張してたんですけどね。チームに感謝したいです…これら全てを可能にしてくれたんだから。」

【チームメイトのエイドリアン・フェルナンデスも協力していたようで…】
「レース映像を見直してみないと…エイドリアンがどこを走ってたのか、全然知らないんですよ。
今回、僕は本当にタイトルを取りたかったし、実現できるよう僕を強くしてくれたチームに感謝してます。
僕は自分のことを、『苦戦してた時は大変だったけど、そこから前に進めた若者』だと思ってるんで。
黙ってたって、誰もタイトルをくれたりはしないんだから、僕は自分から取りに行ったんです。やれることは何でもやったでしょうね。」

【今年は0ポイントレースが2回あったが、表彰台を10回獲得し、そのうち4回は優勝だった…】
「2023年のモト3チャンピオンとして、レオパード・レーシングと共にずっと歴史に残るんですよね。
僕が実現させた夢の中で、今回のが一番大きいですよ。」

★マシア選手が伊サイト『Gpone』の12月23日付け記事で、次のように話した。

【カタール決勝戦ではササキ選手に危険行為をしたため、その後、かなり批判されていたが…】
「僕の人生において、今は本当に成熟していると思ってます。
二輪レーサーとしてだけではなく…苦戦している時、僕は人とは違うやり方で判断していくんですよ。
このスポーツには大勢が関わっているわけで…つまり、自分は世間の目にさらされていて、常にアンチコメントを送ってくる人間がいるってことです。
でも、チームのために、それを受け入れて前に進まなければならないんですよ。
(アンチコメントを送ってくるような)そうした人達がモトGP史を見たら、『ジャウメ・マシアは2023年のモト3チャンピオンである』と言う文が目に入るんですからね。」

★なお、2024年シーズン、マシア選手は『SAG Racing』チームから、ササキ選手は『Yamaha VR46 Master Camp』チームからモト2昇格する。

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

バニャイアvsフェナーティの逆転人生については、『無料note』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. Cos より:

    何被害者ぶってんだろねこの選手は。
    どんなメンタルしてんだほんと。

  2. じす より:

    いつまでも言われ続ける汚点を晒しながらのレース人生
    大成しないだろうしして欲しくない、、、

  3. ok より:

    何かに付けて「汚いチャンピオン」と呼ばれ続ければいいよ。

  4. アセロラ より:

    昔のシューマッハか、ホンダのフェルスタッポンみたいな奴やな。勝てばいいんだ走法

  5. 岸本ジョン より:

    >(アンチコメントを送ってくるような)そうした人達がモトGP史を見たら、『ジャウメ・マシアは2023年のモト3チャンピオンである』と言う文が目に入るんですからね。」

    これが全てですよね
    勝利への執念が決めたのですから
    確かに汚かった……
    だけど歴史にはマシアが刻まれます

  6. Formula750 より:

    年間タイトルが掛かっていれば失格にされなければいくらでも仕掛ける欧州人気質は相変わらずですね
    逆にササキサンが仕掛けたら即ペナルティ喰らってタイトル争いも即終わりそうです

  7. ドMマルケス より:

    マシアがMoto2で結果が出せないことを祈るわ。多分叶うと思うけどね~。

  8. にわか より:

    悪名は無名に勝るを地で行くスタイル

  9. ugem より:

    お行儀よくしていてはチャンピョンにはなれない。

  10. たか より:

    スゲェメンタルだわ。ギャグに憧れるわ。

  11. ホルジャン より:

    確かに2023年のMoto3のチャンピオンとしては、
    アユムササキではなく、ジャウメマシアとして記録される。
    ただ「マシアは汚い走りでタイトルを取ったライダー」として、
    多くの人々の記憶に残ることとなるだろうね。

    この後マシアが、ダーティだけど速いライダーか、
    汚い手を使ってまぐれでタイトルを取ったライダーか、
    どういう評価をされるかは、本人の今後次第でしょうね。

  12. くまた より:

    成熟してて、他人に危険なブロックしないとチャンピオンになれないんならチャンピオンの器じゃないでしょう

    レーサー名乗るのならやれることは速く走ることだけだろうに

  13. 111 より:

    よくチャンピオンとして名が残るのはマシアって聞くけど名が残るってそんな大事かね。
    レースを見る人間の記憶から汚い事して王者になった事が消えるのなんてせいぜいマシアがレース活動辞めたさらに先だろうし、彼が現役のうちはチャンピオンとしては見られないでしょう。
    本当に意味のない事したね。

  14. NSR50 より:

    これが許せないっていうのは典型的な日本人気質だし、何年かしたら記録だけが残るっていうのは欧州的な考えだよね。
    欧州でもイタリアなんかは批判的だけど、それはスペインのチームとライダーだからで、イタリア人のチームだったら「何が悪いんだ?」っていうのは目に見えてるわwww

  15. まる より:

    シューマッハ、フェルスタッペンと比較するべきではない。
    勝ちに拘っている点は同じだが、これは次元が違いますね。

  16. せて より:

    警告とか出てないなら、大丈夫ですよ。
    やっちゃって下さい。
    って事だよね。

    実に腹立たしい。

  17. タディの星に願いを より:

    先にも書いたけど共犯者は最低3人だ。
    糾弾されて当然だけど、ここはあえてオプエド的にマシア側に立ってみる。

    確かに幼稚なレース展開する連中のなか、優勝するのは大変なことだろう。
    これは佐々木が最終戦まで勝てなかったことを象徴している。
    ベイヤーもチームオーダー無視して勝ちに行ったわけだし。
    Moto3は不条理やアンフェアがまかりとおっていて、そんななか自分は4勝、表彰台10回と
    申し分ないのに、正統派で勝利のない佐々木にプレッシャーを感じていたのだ。

    そらルエダやアロンソのような生え抜きなら将来展望があるけど、いつも中堅に居た
    マシアは背水の陣、シーズン当初は鈴木がファーストだったはずで自分も立ち回りに悩んでいた。

    ところが鈴木の欠場つづきでチームはマシアに獲らせようと例の作戦を企てる。
    マシアは自分にツキが回ってきたとして、糾弾されたとて24年はチームとマシアは別々。
    それにこんなクラスとっとと出たい、というのがレギュラーライダーの本音ではないだろうか。

    佐々木も言ってたけどマシアはポイント的にも有利なんだから、残り2戦あるのであそこまで露骨
    にやらなくても、普通に強い走りをしてれば獲れたはず。記録には残るけど、糾弾されるから
    コメントも美談にもっていって、承認欲求を満たす。マシアもまともで遺恨が残るようなら、
    残りの人生、ずっといい人キャンペーンを貼らないといけない。

  18. A24 より:

    ジャックミラーとアレックスマルケスの時も
    ミラーがこんな感じでマルケスに仕掛けてましたね。当時から何も変わってない事が問題。

  19. 田中 より:

    コイツはダメだね。
    もう伸びない。
    昔のサンドロ コルテセ以下だな。

    ステップアップしても伸びないだろう。

  20. 登山界のブロック・パークス より:

    まあ、ルールに違反しない範囲でどのような手を使ってでも勝ちたいという執念がなければトップには立てません。
    もちろん、批判もあるでしょうが、それをはねのける位のメンタルがあるかどうかですね。

  21. クアルタラ郎 より:

    でもそのルールが恣意的に運用されちゃうと萎えますよね。
    あれでノーペナルティなんて有り得ないけど。

    ただ、あれだけ妨害行為を重ねてロスをしても、しっかり優勝してしまうスピードは大したもんだ、とは思っています。
    KTM包囲網の中で唯一ホンダで優勝を重ねているし。

    そう言えばホンダとKTM(ハクスバーナ含む)の戦闘力差ってどれほどのものなんでしょうね?見た目はあれだけ違うのに案外話題にならないよなぁ、と常々思っています。

    何はともあれ今年は佐々木選手を全力応援します。
    去年の最終戦は感動した!

  22. チャオ より:

    日本人的な思考かもだけど、レースで起きる不条理な出来事で常に脳裏をよぎるのは
    大ちゃんの『そんな所にいるからダメだった』の言葉。うろ覚えなので一言一句、正確では
    ないかもですが。大体この理屈でレーシングインシデントを片付けられると思ってる。
    今回のケースもチャンピオンシップポイント的にもシーズン通しても、トータル的に見て
    マシアに隙を与え続けてた結果、あの醜い行為を誘発させてしまったのかと。原田氏も言ってたし
    恐らく、歩夢本人が一番痛感している様に思う。またこういった行為をオーガナイザーが容認してる
    のならば、Moto3はダーティーレースもOKと認識を改めるしかなく、まあ茶番って事なのでしょうね。
    残念だけども、それでも日本人ライダーは正々堂々と戦って欲しいから応援しますけど。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP