MotoGP

ロッシ弟13歳、ライダーDNAを見せつける:ルーカ・マリーニ

モトGP『ルーカ・マリーニが初レースで優勝』

あのヴァレンティーノ・ロッシの弟ルーカ・マリーニ(13才:下写真は実父と)が、初レースをPPからスタートさせ、見事に制覇した。
イタリア北部パヴィア県カステッレット・ディ・ブランドゥッツォ市で開催された『MiniGP』の80ccクラスにおいて、そのレーサーとしてのDNAを裏切ることなく発揮したわけだ。なお、同レースは『Federmoto』創立100年の記念行事として開催されたもの。

チーム『RMU Moto』の発表によれば、昨日の予選では同チームの選手3名が各クラスでPPを獲得しており、内訳は次の通り。
ジュニア50cc ニコロー・ブーレガ
シニア70cc  ニコロー・カステッリーニ
シニア80cc  ルーカ・マリーニ

ロッシ選手の弟ルーカ君は1’19″534のタイムでPPを取り、今日はサスペンション・メーカー『Marzocchi(マルツォッキ)』や家具メーカー『Delbianco(デルビアンコ)』が見守る中での快挙となった。
ルーカ君はチームメイトらが追い上げてくる中、安定した走りでゴールを切っている。

ルーカ君のコメントは次の通り。
「今回の結果にとても満足してます。それと、このレース・ウィークエンドの間ずっと手応えがあったことにも満足してます。僕のRMU 80cc(2ストローク)が正しいチョイスだったってことがはっきりしたし、マシンは本当に強かったです。絶対にやれるって思ってたし、僕のキャリアにとってとても大切なレースで優勝しました。」

また、『RMU Moto』チームマネージャーのアレッサンドロ・ルーオツィ氏は次のように話している。
「もの凄いレース・ウィークエンドでした。この冬の間中、セッティングに費やしていた我々の作業の証ですね。
ブーレガ選手は50ccクラスで堂々の1位だったし、アルボリーノ選手の走りも気に入りました。ミニモト時代は表彰台に2度上がってるんですが、そこからカテゴリーが上がっても怯える様子もなくってね。
ルーカ・マリーニ選手はトップに出て、レースの流れを決め、並外れた格の高さで持って引き離し、優勝したんです。高い素質を見せつけましたね。
70ccクラスのバスティアニーニ選手、カステッリーニ選手はちょっと緊張したようですが、まぁ、次回のヴァラーノ戦では彼らもトップに加わってくれることでしょう。」

次回は5月7〜8日のヴァラーノ・デ・メレガーリ戦で、シニア70ccクラスおよびMiniGP 80ccクラスのレースが行なわれる予定。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2011年04月10日





ロッシ地元の噂によればルーカ君、
実はまだまだサッカーの方が好きならしいんですが
いや〜、将来が楽しみですね!


モトGPの将来に幸あれ!クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP