MotoGP

エドワーズ『シッチの家族にはロッシがお悔やみを伝えてくれた』

モトGP『エドワーズ:参列したかった』




あのセパン戦での転倒劇の後、コーリン・エドワーズ(アメリカ出身、ヤマハTECH3)が自身の容態について説明している。
「残念ながら、切り傷に打撲、来週火曜に手術する予定の左上腕と…シモンチェッリ選手の葬儀にはとても参列できませんでした。TVで観てたんだけど、行きたかったなぁ。でも、ロッシ選手には感謝してます。マルコのご家族に僕からのお悔やみ伝えてくれてね。ヴァレンシア戦は欠場します。完治するのに最低1ヶ月はかかるもんですから。」

また、エドワーズ選手はセパンでの悲劇について語り、支えてくれた全ての人々に感謝した。
「私にとって非常に辛い時だったんですが、たくだんの暖かい励ましのメッセージをいただきました。シモンチェッリ選手のご家族のもとへ僕の想いが届きますように。マルコが居なくて本当に寂しくなる。モトGP界全体も、寂しく思ってますよ。とても良いお葬式だったし、シッチのライダー人生への賛辞も良かった。世界選手権にとっても厳しい時であり、僕も支えたい気持ちがあるのだけどD、運悪く、今は旅のできる身体じゃない。それでヴァレンシアも欠場するわけだけど。」

セパン戦での事故で、エドワーズ選手は左腕に重傷を負った。
ヒューストン総合大学病院のヘンリー・スモール医師により検査の結果、肩と左肘をつなぐ上腕部の複雑骨折を手術することとなった。また、上腕骨頭周辺の軟骨剥離への治療が施される予定で、全治4週間と見られている。また、両手首、右かかとにも外傷を負っているが、骨折や神経系統への損傷はない。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Sport MEDIASET 2011年10月28日



確か、お葬式の前日ぐらいからロッシがドヴィと一緒にシッチのお宅を訪ねたと言う報道がされてましたから
色々とたくさんお話されたんでしょうね。



マルコ・シモンチェッリ選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. ポンポン より:

    あれから一週間たちました。とても長く感じる一週間でした。少しずつ受け入れられるようになってきました。直後は悲しくてもうMotoGPを見るのを辞めようかと思いました。そしてコーリンやロッシが走る事を辞めてしまったらどうしよう。とも思いました。でもそれはなさそうなのでホッとしました。今回の件で、ライダー達自身が一番危険で命掛けであることを理解してて、覚悟の上で走ってるんだって…なんか感じました。だから毎レース興奮するし感動するんですね。
    これからもMotoGPを応援します。シモンチェリ、本当にありがとうございました。みんなを見守って下さい。
    貴重な情報をいつもありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP