Moto2 category

富沢祥也を偲ぶ『3年前の今日、僕らは君を失った』

9月5日…富沢祥也選手がミザノ戦の事故で亡くなられた日から3年が経ちました。
昨年同様、ヴァレンティーノ・ロッシ選手を始め、多くの選手や報道関係者の皆さんが追悼ツイート&リツイートを上げておりましたが、やはり現在、モト2クラスで活躍する選手の方々が目に付きました。一部ご紹介しますね。

《(V.ロッシがRT)ミザノのあのブラックデーから3年…ショーヤ・トミザワの事を想わないではいられない。やすらかに眠れ ショーヤ》

《(フリアン・シモン)フォーレバー・ショーヤ、フォーレバー・48。君が今、チャンピオンになっている場所でアクセル全開。君がいなくて本当に寂しいよ!》


julian-simon-tomizawa.jpg

《(ニコ・テロール)ショーヤ・トミザワが大好きだった事をしながら逝ってから3年:(偉大なライダーで、素晴らしい人間だった!いつも笑顔のね 》

《(スコット・レディング)3年前の今日、僕らは君を失った。逝ってしまったけど、いつまでも覚えている。いつも僕のハートと一緒…コースを僕と一緒に走ってるんだ ♥》

《(BBCジャーナリスト)3年間、この明るい笑顔を思い出し》



《(スペイン関係者)ショーヤ・トミザワが逝ってから今日で3年。でも、いつも僕らの胸の中に居続けるんだ。》

そして、当時、スペイン国営放送局『TVE』が放映していた追悼映像を紹介していた方がいましたんで載せておきますね。



人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. より:

    運良く、今日を生きている人間は、死者がたどり着けなかった高みを目指して、頑張れ。

    それにしても、日本人ライダー、死にすぎる。不運として語るには、何だか・・・。

  2. shoco より:

    もう3年も経ったのですね。生きていたら22歳。

    あのレースのあと、泣き続けて朝を迎えたのを覚えています。明るんだ空を見て、こうして朝を迎えられることの奇跡に気づかされました。
    そして、祥也くんにはもうその瞬間が来ないのかと思うと、改めて絶望的な気持ちになったことも、鮮明に覚えています。
    私は祥也くんのひとつ年上なのですが、これからまだまだたのしいことがあったろうなあと思うと、本当に心が痛みました。

    いつもニコニコしていて、愛嬌があってすごく幸せそうで。
    でもバイクに乗ると、まさかあんな優しい笑顔の子が乗っているとは思えないくらいかっこよかった。
    更に輝くこれからを、ずっと長く見てたいと思う人でした。

    いまでもレースを観ていて、祥也くんがいたらどのへんまでいってたかなあと、ふと思うことがよくあります。
    いまでも、だいすきなライダーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP