MotoGP

2013ミザノGP【予選&FP4経緯】:モトGP・モト2・モト3

モトGP『ミザノFP4・予選1・2の経緯』

gpone-misano-qp-motogp.jpg


★総括:マルク・マルケスが1分32秒915を刻み、6回目のPPを獲得。2011年のケーシー・ストーナー記録を0.223秒上回った。
マルケス選手のコメント。
「明日のレースが一番重要なんで…それがどうなるかですよね。PPはスゴッく良いです…それにペースも悪くない。FP4での転倒が惜しかったです。とにかく明日は落着いて行かなければ…ヴァレ(ロッシ)やホルヘ(ロレンソ)も、けっこう迫って来てますから。」

★総括:2位ホルヘ・ロレンソ(+0.513)のコメント。
「最初からマルク(マルケス)に付いて行くよう頑張ります。今のところ彼のレースペースが最高ですから。ただ、レースでは何でも有りなんで。
【この間のシルバーストーン戦みたいに?】多分…ただ、ここはもっと難しいから。」

★総括:ザクセンリンク以来、久し振りのファーストローとなった3位ヴァレンティーノ・ロッシ(+0.658)。
ロッシ選手のコメント。
「とにかくマルクが昨日の朝から最速でね。転倒後、もっと速くなるんだから(冗)。ファーストローは本当に嬉しいね。マシンも実に乗りやすい。満足してますよ…セカンドタイヤでタイムを上げられたんだから。ペースでは、うちも接近しているし…ただ、ホンダはもうプラスアルファある感じですね。コース前半でかなりロスしてしまって…その後は良いし、速いんですけどね。もしかしたら…明日に向けて重要かもね…ただ、最初から上手くやっていかないと。」

★総括:4位ダニ・ペドロサ(+0.811)は、クラッチロー&エスパルガロ選手と共にセカンドロー。CRT機のエスパルガロ選手はブラドル/バウティスタを凌駕した。

★総括:9〜12位までドゥカティ勢で、ドヴィツィオーゾ/ヘイデン/ピッロ/イアンノーネの順に並んだ。ただしタイム差を見ると、2位ロレンソ選手から1秒弱。

★予選1:CRT機の他はカル・クラッチローとミケーレ・ピッロ、ブラッドリー・スミスが参加。なお、CRTのアレイシ・エスパルガロは予選2に直行している。

★予選1:スミス選手が転倒し終了。予選2行きは1位ピッロ&2位クラッチロー選手。

★予選2:最終コーナーでクラッチロー選手のマフラー先端が外れる。
(Source:2013年09月14日Gpone記事より抜粋)

モト2『ミザノ予選の経緯』

gpone-misano-qp-moto2.jpg


★シト・ポンスチームが1〜2位を制覇。PPはポル・エスパルガロで1分37秒666。続くはエステヴェ・ラバト(+0.032)。

★3位タカアキ・ナカガミ(+0.090)も僅差。明日のレースの主役候補。

★総合首位のスコット・レディングは今回は若干遅れ気味で、5位(+0.544)。

★1〜11位までのタイム差が0.9秒未満。

★イタリア勢トップはマッティア・パジーニの11位(+0.879)。
(Source:2013年09月14日Gpone記事より抜粋)

モト3『ミザノ予選の経緯』

gpone-misano-qp-moto3.jpg


★FP3から好調だったドイツ人ライダーのジョナス・フォルガー(アスパーチーム)が1分42秒707でPPを獲得。最後まで粘ったアレックス・リンスは2位(+0.061)。

★今シーズン、陰に隠れがちだったズルファミ・カイルーディンが、序盤に転倒しながらも4位(+0.950)。

★イタリア勢トップかつホンダ/FTR勢トップは、ホームレースのニッコロー・アントネッリ5位(+1.020)。

★アレックス・マルケスは転倒し、9位(+1.246)。

★昨日、激しい転倒を喫したルイス・サロム(総合首位)は10位(+1.253)。

★ロッシ弟ルーカ・マリーニは29位(+2.358)。
(Source:2013年09月14日Gpone記事より抜粋)

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP