MotoGP

ロンボーニ追悼:レース中止で、サイン&撮影会に変更

bikeracing-romboni1.jpg

11月30日、『Sic Supermoto Day』レースイベント中の事故でドリアーノ・ロンボーニ元選手が亡くなくなった。このため翌12月1日はイベント中止となり、午前11時過ぎには参加していた全選手がロンボーニ元選手の追悼のためコース上に集結した。

★コース上には花束が手向けられ、ロンボーニ元選手およびシモンチェッリ元選手へ1分間の黙祷が捧げられた。その後、選手らがゆっくりとコースを一周した。

★ロンボーニ元選手の遺体は本日中に、生地レリーチの町へと搬送される予定。

bikeracing-romboni2.jpg

bikeracing-romboni3.jpg


(Source:2013年12月01日 Bikeracing.it記事より抜粋)

同じく『Bikeracing.it』の別記事によれば…
結局、日曜日のイベント自体は続行と言う形を取り、ただし、レースは行なわず、マックス・ビアッジ/アンドレア・ドヴィツィオーゾらを筆頭に参加選手がそのままサイン&写真撮影会を行なったのだとか。そして、イベント収益金はシモンチェッリ協会および故ロンボーニ元選手のご家族に寄贈される事となるようです。


corriere-paolo.jpg

★12月1日、同イベントに訪れていたパオロ・シモンチェッリ(故マルコ・シモンチェッリの父)がコメント。
「今回の事は悲惨な出来事でした。ただ、運命と言うものがあり、それを避ける事はできない。私にはそうとしか考えられない…そう考える事でしか正気を保ってはいられません。」
(Source:2013年12月01日 corriere dello sport記事より抜粋)


人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP