MotoGP

クラッチロー『ケガの後の全てはクソッタレ3周を走るためだった…』2014へレスGP


『クラッチロー:ドゥカティに喜べるところはあまりない』

gpone-cal-2014jerez-gara.jpg


★ヘレス決勝戦を技術トラブルでリタイヤしたカル・クラッチローが、次のようにコメント。

【ドヴィツィオーゾ選手が5位でゴールしていたが…】
「上位陣とほぼ30秒差でゴールした場合って言うのは、どう祝っていいもんだか。去年の方が良かったんじゃないかなぁ…ホントに、祝うような事はあまりないっすね。」

【クラッチロー選手のレースについては…】
「ケガの後、ヘレスで走れるようにするために、あらゆる事をやってきました…トレーニングして、世界の端から端まで移動してね。それが全て、クソッタレの3周を走るためだったってんですから。」

【ブレーキの故障だったとか…】
「良いスタートが切れたんですよ…最初の2周で良いオーバーテイクもいくつかしてね。うちは良く働いたし、セッティングはドンピシャだった。それが突然、第6コーナーで…あのバックストレートの後のコーナーで、ブレーキが効かなくなってしまったんです。レバーを引いてもスカスカで…リアブレーキで止まらなければならなかったんすよ。オーバーヒートだなって分かって、2周は無理しないようにしてみたが、また同じようになってしまって。」

★ジジ・ダッリーニャ(ドゥカティ・ゼネラルマネージャー)のコメント。
「当然、カル(クラッチロー)の事は残念に思ってます…彼のマシンに、これまで起きた事がないような問題が生じてしまったんですから。油圧系統が実にかなりの高温に達してしまい…原因についてはブレンボと共に検証している最中です。」
(Source:2014年05月04日 Gpone記事より抜粋)


おっ、『Moto.it』の方にもクラッチロー選手のコメントがあって…
大体同じなんですが、一応ね。



★ヘレス決勝戦で14位を走行中にリタイヤしたカル・クラッチローのコメント。
「ブレーキレバーがスカスカになってしまって…まるでポンプにオイルがないみたいな感じでした。ブレーキを冷やそうと少し減速してみて…実際、それでまた効くようになったけど、その後、レバーがまたスカスカになってしまって。リタイヤするしかなかったっすね。」
(Source:2014年05月04日 Moto.it記事より抜粋)




[amazonjs asin=”4022734590″ locale=”JP” title=”すりへらない心をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)”]

明日は晴れるクリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP