Results SuperBike

2014 SBK ポルティマオ【レース2&経緯】



[2014 SBK ポルティマオ レース2リザルト]
sbk-2014-portimao-race2.jpg

『2014 SBK ポルティマオ レース2経緯』

sbk-2014-portimao-rea-gara2.jpg


★SBKポルティマオ戦レース2は、ウェットコンディションの中、序盤を模範的にこなしスタートからゴールまで首位を保守したジョナサン・レイが優勝。今シーズン4勝目。
レイ選手のコメント。
「楽な事なんか全くなかったですね。他の選手とのギャップを維持するのが難しかった。グリップが落ちてから、ずっと問題を抱えてたんですよ。リスクを冒し、自分のペースを維持しようと頑張りました。ウェットレースなら勝てるだろうとは分かってたが…チャンスをものにしましたね。」

★2位ダヴィデ・ジュリアーノ(ドゥカティ)のコメント。
「実に厳しかった!超厳しい週末だったが…レース1で自信を持てたから。レース2の方では序盤6〜7周で状況を把握しきれないといけなかったんですよ。惜しむらくは、レースの4分の3ぐらいでバイザーが曇ってしまった事ですね。(後続を)ちょっと引き離す事もできました。幸い、最終的にいつものような事にはならなかった。本当に嬉しいですね。2位と(チームメイトのデイビスが)3位ですからね…実に素晴らしい。」

★3位チャズ・デイビス(ドゥカティ)のコメント。
「レース半ばでブロックされてしまって…限界でした。グループが接近して来たのが目に入り、競合いを始めて…こうつぶやいてたんです。“転倒か、表彰台か”って。そう言う状態だったんですよ!レースも素晴らしかったし、マシンも素晴らしかった!」

★メランドリ&ギュントーリのアプリリア・ファクトリー組は終始、レイ選手を追っていた。ゴールに後5周と言う第5コーナーで、3位を走っていたギュントーリ選手がメランドリ選手を抜こうとした際に、ギュントーリ選手のフロントが流れ、両選手とも転倒したが、メランドリ選手はリタイヤとなってしまった。シルヴァン・ギュントーリは7位でゴール。

★Aaron Yates(EBR)は技術トラブルによりレース2は出走せず。

★アレッサンドロ・アンドレオッツィがジャンプスタート。

2014年7月6日Gpone記事参照)

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP