ロッシ初タイトル思い出、マルケス新スイングアーム、ドヴィ予選不振ほか:2015アラゴンGPこぼれ話

Pocket

『2015アラゴンGPこぼれ話』

marc-motoit.jpg


★9月25日(金)のFP2終了後、マルク・マルケスが新スイングアームについて次のようにコメントした。
「ミザノでのミシュランテストの時にも試してたんですが、悪くはないです。でも、1周タイムでさえ何の利点もないんですよね…前のと比べて、大きな違いはありません。」

★伊モトGP界のご意見番ことカルロ・ペルナット氏(※下記写真。カピロッシ、シモンチェッリら有名ライダーのマネージャーを経て、現在はアンドレア・イアンノーネを担当)が、決勝戦後、マルク・マルケスについて次のようにコメントした。
「実質的にタイトル争いからは外れ…数字的にもそうでしょ。信じられないのは、また転倒したってことですよ。理由がわからないね…第2ラップであんなに強い…あんなにマズイ走りをして、あんな風に転倒するなんて。来季に向けての懸念事項でしょ。ミシュランタイヤだと…今の(ブリヂストン)とはフロントの特性も違うし。ああ言う操縦をしていたら…私が思うに、マルケスは他の選手らより問題を抱えてしまうんじゃないのかね。」
pernat-gpone.jpg


★今回のアラゴンGPではモト2クラスのヨハン・ザルコ総合優勝が決定す可能性があったため、9月24日(木)の会見でヴァレンティーノ・ロッシが、初タイトル獲得の思い出を訊かれていた。
「凄い瞬間でしたね。あれは味わうべきですよ。ピリピリするなって言われたって無理じゃないですか…でも、プラス5%の力を引き出すにはプレッシャーも良しでね。ザルコの場合は状況も違いますけど…かなり引き離してるから、もう少しリラックスできるでしょ。タイトル獲得って言うのは本当に感動的で…それが初めてだと尚更ね。一生忘れませんよ。」

★アラゴン決勝戦を6位で終え、タイトル獲得が先送りとなったヨハン・ザルコのコメント。
「今週末、一番重要だったのはタイトル獲得に近づくべく10ポイント獲得できたことです。難しい週末で、走り心地の良さは感じられませんでした。レースは(レッドフラッグにより)スタートが2回になり、最初はけっこう上手く行ったんですが、2回目はダメでした。
上位陣に付いて行けることは分かってたんですが、プレッシャーを感じてしまって。今後のレースに向けては、上手くこなしていくことが重要でしょうね。最終的なリザルトとしては悪くはないし、日本で優勝争いをする日が待ち遠しいです。」

★9月26日(土)、アンドレア・ドヴィツィオーゾが予選2への昇格を果たせず、13位で終わってしまった。
予選後のドヴィツィオーゾ選手のコメント。
「現状は各種要素に起因してます。2013年と2014年、いつも僕はドゥカティ機で予選は速いけど、レースではイマイチだった…それはマシンの特性のせいなんです。これまでのキャリアの中でも珍しいことで…僕は土曜より日曜日の方が出来が良いもんですから。それがGP15機だと違うんです。確かにレースの方が戦闘力が高いんですよね…でも、予選では何かをロスしてしまって…スタンダードな自分に戻ってしまった。新タイヤでゼロコンマ何秒かを削るのが大変なんですよ。僕の強味の1つはブレーキングなんですが、それがGP15機だと苦手ポイントの1つになっているんです。GP14.2機に比べ、かなり良く曲がるようにはなったんですが、ハードブレーキングで攻めていけないんですよ。」

aegerter-gpone.jpg


★アラゴンGPのモト2決勝戦第3ラップで、ハヴィエル・シメオンに衝突されたドミニク・エガーター(上記写真)が、同選手の見舞いを受けた後、入院した。負傷箇所は脊椎3ヶ所、片手、肋骨1本の骨折。少なくとも全治1ヶ月と見られている。

★ドミニク・エガーター代役としてジョシュ・フックが、茂木〜セパンまでのモト2クラス3レースに参戦する。エガーター選手みずからフック選手を推薦した。
フック選手はオーストラリア出身。2015年、鈴鹿8耐レースに参戦し、現在、全日本ロードレース選手権JSB1000に参戦中。

(2015年09月30日『Gpone』記事参照)
(2015年09月28日『Gpone』記事参照)
(2015年10月03日『Corriere dello sport』記事参照)
(2015年09月24日『AS』記事参照)
(2015年09月26日『Moto.it』記事参照)
(2015年09月29日『Moto.it』記事参照)


これにてアラゴン終了、今週末はいよいよ茂木GP!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , , , , , , , , , , ,

One Response to ロッシ初タイトル思い出、マルケス新スイングアーム、ドヴィ予選不振ほか:2015アラゴンGPこぼれ話

  1. motobeatle 2015年10月5日 at 1:26 PM #

    今年型のRC213Vって、本当に乗り難いマシンみたいですね。
    マルケスだけでなく、長くホンダに乗っているペドロサも言ってますから。
    来年は大きく変えてくるかな?

コメントを残す

 

Top