ロッシ『ニッキーのために良いレースがしたい』2017ル・マンGP

Pocket

『ロッシ:ニッキーのために良いレースがしたい』

rossi-sab (1).jpg


★5月20日(土)ル・マンGP予選でヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が2位を獲得した。

★今回の予選は1位〜3位までヤマハ勢が独占した(ヴィニャーレス、ロッシ、ザルコ)。同3選手はFP4でも好ペースを刻んでいた。

★ロッシ選手のコメント。

「当然のことながら、ファーストローには満足してますよ。良い仕事をしたし、ヤマハM1機はここのトラックも、このアスファルトのことも好みのようだしね(笑)。」

【PPを逃した後悔などは?】
「ここまで接近した時は、いつだって惜しいもんでね。ミラーに出くわした時、もう50m離れていたら、取れてたでしょうね。まぁ、重要なのは順位よりマシンの乗り心地の方だから。」

【総合首位を防衛できそうな位置にいるのでは?】
「総合順位を引っ張るのも重要だけど、今はポイント獲得よりも各コーナーのことを考えないと。とにかく、最重要事項は別にあるから…ニッキー(ヘイデン)とご家族のために良いレースをすることですよ。残念ながら、彼のために僕らができることはそれしかないんで。」

【なにかしら想いがある時のレースは難しいもの?】
「常に、そのことは頭にあるでしょ。今も言った通り、良いレースをする以外にできることはないんだし。ただ、あいにく、彼にとってはそれほどためになることではないですけどね。」

【ヘレスの雪辱を果たす絶好のチャンス…】
「僕らがやってきた作業には満足してます。と言っても、まだ土曜日ですけどね。ペースも1周タイムも速かったけど、明日はドゥカティ勢と特にホンダ勢のリズムがどうなってくるか…ですよ。ペドロサも後方スタートとは言え、除外しませんよ。」

【他に懸念事項は?】
「リアタイヤの選択です。理屈では、レースには全オプション使用可能なんですけどね。」

【ヤマハ同士の戦いも切迫しているのでは…】
「今日、うちは本当に速くて。最速がヴィニャーレスで、次が僕、それにヨハン(ザルコ)までねぇ。」

【これまでのレースでザルコ選手はアグレッシブなところを見せつけていたが…】
「その他多くの選手同様にね。ただ、本当に重要なのは、表彰台争いを…もしかしたら優勝争いまでできるペースがあるかどうかだから。ヨハンはダークホースでしたね。速いと思ってなかったと言う意味ではなく、予想を超えて速かったって言う意味でね。」

【ザルコ選手は昨日、ファンの前で『ロッシは神みたいだ。彼の後任になりたい』と言っていたが…】
「有り難いですね(笑)。ただ、来年1年の契約もあるんで、今後、将来のことを決めていきますよ。待ってもらわないとね。」

(2017年05月20日『Gpone』記事参照)


どうぞタイヤに問題が出ませんように………

祈願『いいね!』Prego

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top