MotoGP

ピッロ『ロレンソは何かが実を結んでない』2017ムジェッロGP

『ピッロ:ムジェッロ決勝戦後コメント』

pirro3.jpg


★6月4日(日)、ムジェッロ決勝戦をミケーレ・ピッロ(ドゥカティファクトリー、ワイルドカード、テストライダー兼ロレンソコーチ)が9位で終えた。

★ピッロ選手のコメント。

「今週末はずっと戦闘力も高かったし、速く走れました。ただ、レースでは何か足りなかったんですよね。特にスタートがベストじゃなかった。第1コーナーなんて14位でしたから。結局、レース終盤では後ろにいたペドロサを引き離し、ロレンソの後ろに付いてゴールするのが精一杯でしたね。
昨日と同じタイヤだけど、全体的に速い走りができなかったんです。然るべきスタートが切れていたら、マルケスやバウティスタとは競り合えていたでしょうけどねぇ。」

【テストライダーの視点から、今日のドゥカティ勢の出来具合は?】
「今日のトップニュースは、なんと言ってもドヴィツィオーゾ優勝でしょ。今日はホームレースってことで、ドゥカティがビッグリザルトを取ることは分かってましたけどね。全選手、速いところを証明していたから。」

【ロレンソ選手は?】
「正確に、何が問題だったのかは知りませんが、でも、何か間違えたって感じではないと思います。むしろ、ドゥカティ機を操縦するには、何かが実を結んでないって感じかなぁ。」

(2017年06月04日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”4103334517″ locale=”JP” title=”努力が結果につながらない人に気づいてほしいこと”]

レース中もコーチ業重視だったんでしょうかねぇ…
[threecol_one]働き者いいね!Prego[/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP