『スズキはイアンノーネをどうにかすべき』ランディ・マモラ

Pocket

『マモラ:スズキはイアンノーネをどうにかすべき』

motogp-catalan-gp-2017-andrea-iannone-team-suzuki-motogp.jpg


ランディ・マモラ氏(※1980年代に世界選手権で活躍したライダー。ジャックナイフ等、派手なパフォーマンスで人気を博した)がアンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)の不調について、次のように綴った。

《ヘレスではヴァレンティーノ・ロッシとマーヴェリック・ヴィニャーレスに予期せぬ出来事が起き、ムジェッロでは同じことがマルク・マルケスとダニ・ペドロサに起きた。ホルヘ・ロレンソもまた、夢のシーズン開幕とはならなかった。

今シーズンのモトGPは確かに不安定だが、スズキで新たな挑戦を始めたアンドレア・イアンノーネにとって、それは言い訳にならないだろう。

ヤマハ移籍を決めたヴィニャーレスの後任に選んだ際、スズキは今度はイアンノーネが『GSX-RR』機を育てていってくれるものと確信していたのだ。

2016年にはこのマシンで優勝し(シルヴァーストン)、表彰台にも4回上がっている。その結果、ヴィニャーレスは総合4位でシーズンを終えたのだ。
スズキとしては、ホンダ/ヤマハ/ドゥカティと対等に競り合うべく、モトGPで積み重ねてきたイアンノーネの経験を活用するつもりだったのだろう。

今シーズン1/3が終わった現在、マシンの進歩は止まっている状態と言える。
イアンノーネはわずか21ポイントしか獲得できず、総合15位。昨年の同時期、ヴィニャーレス選手は72ポイントを取り、スズキ機は独自のリズムで滑走していた。

今年のように複雑な状況ともなれば、チームとライダー双方がなんらかの行動に出るべきなのだ。私だったら、まず、ライダーと膝を交えて話し合い、今、どう言う状況なのかをしっかり聞き出すだろう。

データをしっかり見ながら、そうすべきだろう。
バルセロナ戦は尋常ではなかった。イアンノーネはレースのほとんどを1分49秒5で走り、第20ラップでシルヴァン・ギュントーリに追いつかれるや否や0.6秒速く走り始め、また引き離したのだ。

もし私がチームマネージャーなら、単刀直入に説明を求めるだろう。なぜなら一見したところ、弁護できる要素などないのだから。
イアンノーネはスズキのなかにいて、あまりハッピーな様子ではない。では、まずすべきことは、双方の距離を縮められるかどうかを見極めることだろう。

ただ、イアンノーネがマシンに乗り心地の良さをまったく感じていないと言うことは、私にも分かる。マシンに合わせられず、それが現実的な問題になっているのだ。ただ、そうした状況を打破しようと、全力でもがいているかどうかは分からないが。

モトGPの選手らは常に葛藤を抱えている。
ペドロサはその体格からくる問題と戦い、バルセロナGPでのマルケスはたっぷり5回も転倒しながら、その度に起き上がり、信じ続けたのだ。
ドゥカティで苦戦するロレンソは怒りでもって立ち向かい、アレイシ・エスパルガロは懸命な努力を重ね、目標を達成できなければフラストレーションを隠そうとはしない。

正直に言うなら、イアンノーネにはそう言った気迫が感じられない。スズキはイアンノーネをファーストライダーに選んだのだから、まさにその点を問いただすべきだろう。

イアンノーネは他のことに気を取られていると、大勢が思っている。少なくとも、彼のソーシャルネットワークを見るかぎり、そう言う風には見えてくる。

第一優先すべきは未だチャンピオンシップの方なのだと、イアンノーネが誇示できるような機会をスズキは与えてやらなければならない。
1つはっきりさせておくが、ベストな状態を証明しなければならないのはイアンノーネの方なのだ。早急に、証明すべきなのである。

もし、それができなければ、スズキ幹部陣は、昨年、イアンノーネと交わした2年契約を…好リザルトを出すためだけではなく、マシン開発も任せた契約を破棄することを考えねばならなくなるだろう。
アレックス・リンスのためにもだ。リンスは才能豊かなライダーではあるが、進むべき道を見出すには水先案内人が必要なのだから。》

(2017年06月15日『Motorsport.com』記事参照)


スズキ離脱せずと宣言したイアンノーネ選手…
でも、スペイン報道によれば、バルセロナGP中に他のチームに売り込みに行ってたとか…
遂には、スズキが、超美人セクシータレントの彼女さんをボックス出入り禁止にしたと言う噂まで…
詳しくは、こちらのメルマガでどうぞ!
『note』のモトGP枕話は6月分より無料で見れるようにしました!
あと、『Vol.146』だけを、1回分100円(外税)で読めます。プリペイドカードも利用可能。

【2017 バルセロナGPまとめ その2 ヤマハ&スズキ】[2017年06月20日 発行 Vol. 146

●スズキ:イアンノーネ離脱の噂まとめ
・モトGPプロジェクトリーダー交代
・イアンノーネ、今シーズン中に離脱の噂
・アプリリアかプラマックか…
・イアンノーネ後任候補は?
・スズキがイアンノーネ彼女を出入り禁止に?

無料でぜんぶ読みたい人は『まぐまぐ』を登録して…内緒でこっそり6月30日までに解約しちゃって。

まぁ、ちょっと、美人の彼女さんが目立ちすぎてるからねぇ…

覚醒いいね!Prego

Ad & Relation Links

, , ,

4 Responses to 『スズキはイアンノーネをどうにかすべき』ランディ・マモラ

  1. あらびき 2017年6月22日 at 9:04 PM #

    スズキはイアンノーネをどうにかすべき!
    たしかに全くもって正論なのですが。
    パフォーマーとして名を馳せたマモラさんが言うってところがなんとも。。。

  2. TKM 2017年6月22日 at 9:35 PM #

    うーん、そんなくさったこと、するかなぁ・・・

  3. 廃道愛好家 2017年6月22日 at 10:35 PM #

    風当たりが厳しくなってきましたねぇ
    suzukiも決して業績は良くないから、今の状況じゃまた撤退しちゃいそう
    放出するならバウティスタにまた復帰してほしいなぁ

  4. AZ 2017年6月22日 at 11:27 PM #

    アレイシはきっと帰ってきてくれないよね、、、

コメントを残す

 

Top