『プロフェッサー・ドヴィと呼ぼう!』ダヴィデ・タルドッツィ

Pocket

『タルドッツィがドヴィ賞賛:プロフェッサーと呼ぼう!』

http-%2F%2Fmedia.motoblog.it%2F3%2F359%2Fandrea-dovizioso-ducati-motogp-austria-2017-3.jpg


★8月13日(日)オーストリアGP決勝戦でアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー、31才)が優勝を獲得した。今シーズン3勝目。ドゥカティ機では計4勝目。

★ダヴィデ・タルドッツィ氏(ドゥカティ・チームマネージャー)のコメント。

「今後、うちでは『プロフェッサー・ドヴィ』って呼びますよ。今回のレースでの作戦は素晴らしかったですからね。マルク(マルケス)に抜かれた時なんか、ドヴィがあえて抜かせたんですから。今回のドヴィはレースがこう言う結果になると分かっていて、ああ言った諸々をやってたんです。
スタート前にレースについて話し合った際、どう展開するのか、そして、最終的にどうなるのかを実によく掴んでましたね。そして、本当に言ったとおりのことをしていましたよ。
ドヴィには心理カウンセラー関係の人間はそれほど必要ないんですよ。一緒になって作戦を考えてくれる人間が必要なんです。そう言うことをしてくれるグループはいるし、ドヴィは彼らの意見に注目し、色々とアイディアを出し合ってます。
ドヴィは最終コーナーで、然るべき姿勢でマルケスを敗ってました。これは誰にでもできることじゃないでしょ。」

【今回の勝利でなにか変わった?】
「実に重要な一勝です。ムジェッロで優勝した辺りから、うちではタイトル争いにがっちり加わった気分だったが、でも、本当に取れるかもしれないなんて誰も思わなかったでしょ。しかし、今回の一勝で、ドヴィがタイトル争いに加われるってとこを証明したわけですよ。」

【新カウルについては?】
「今年のうちのウィングは去年のとは100%別物だが、今日のレースで、うちがオールドスタイルのバイクではなく、未来のそれに目を向けているってことが証明されましたね。いまだに他メーカーは、うちの後を追ってるじゃないですか。
まずは、うちがやってることを非難し、そして今度は追随してくるわけだ。うちにとってはけっこうなことですよ。ただ、うちはまだまだ日本メーカーに学んでいかなければならないとは思ってますけどね。」

(2017年08月17日『Motoblog』記事参照)


『note』のモトGP枕話、無料で閲覧できます!
今回はドヴィ選手がドゥカティに移籍した当時の…ちょっと馬鹿にされてた応援歌とか。
あと、モト3大量ペナルティについても。


これまでずっと「優秀だけどチャンピオンライダーではない」と言われ続けてきたドヴィ選手が、ついに火を吹いた!
詳しくはこちらでどうぞ。

【2017 オーストリアGPまとめ ドゥカティ&ホンダ】[2017年08月18日 発行 Vol. 153

●ドゥカティ:あのドヴィが炸裂、ロレンソは戦略ミス
・ドヴィツィオーゾ「最終ラップはストレスだった」
・ドヴィ:キャリア一番の優勝は…
・ドヴィ「自分はモトGPで勝てるんだって分かってきた」
・いまやドヴィツィオーゾはドゥカティの帝王なのか?
・ダッリーニャ「ロレンソの逃げ切り走法は適切な作戦ではないが…」
・ロレンソ:なぜどんどん遅くなっていったのか?

Vol.153』だけ読みたい人は、『note』で100円(外税)購読がオススメ。プリペイドカードも利用可能。

8月分ぜんぶを、オトクな料金で読みたい人は『まぐまぐ』が300円(外税)!

8月分ぜんぶ無料で読みたい人は『まぐまぐ』を登録して…内緒でこっそり8月31日までに解約しちゃって。

これでイタリアの2輪レース界にはドクターとプロフェッサーがいるってことで!

なかなかいいね!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top