ロッシ退院、アラゴン復帰に向け準備

Pocket

『ロッシ退院、アラゴン復帰に向け準備』

★9月2日(土)午前10時、ヴァレンティーノ・ロッシがアンコーナの病院を退院した(下記映像)。

★ロッシ選手は1日(金)深夜2時より1時間に及ぶ手術を受けた

★医師によれば2〜3日の入院が必要とのことがったが、ロッシ選手は回復期間を早め、ミザノGP(9/10)は欠場するものの、その次のアラゴンGP(9/24)復帰を考えている。

★なお、2010年ムジェッロで骨折した際は、同じ右足ながら今回よりも複雑な骨折だったため、事故から41日後のザクセンリンクGPで復帰した(※4位ゴール)。

★手術を執刀したラッファエーレ・パスカレッラ医師のコメント。
「ご家族に付き添われ、本人の車椅子で問題なく退院して行きましたよ。
30〜40日でレース復帰は可能でしょうが、各人、回復期間は違うから。まだ多少の傷みはあるようですが、大丈夫ですよ。骨折部も安定してます。本人の歩行能力と、あと、どれだけ痛みがあるかに依るでしょう。両足はオートバイを走らせ、ハイレベルな走りをするのに必要ですしね。
水晶玉で未来を予言できるわけではないので、いつヴァレンティーノが復帰できるかを明言できません。本人と回復期間については話しましたが、彼の仕事については話してませんし。」

★9月2日午前10時52分、ロッシ選手の声明が出された。
「昨夜はぐっすり寝て、今朝は気分も良かったです。
医師陣の診断を受け、退院の許可をもらいました。自宅の方がゆっくり養生できますしね。
可能になったらすぐにでもリハビリを始める予定です。色々と決める前に、まず、僕の身体がどう反応してくれるか様子を見てみないと。
アンコーナのリウニーティ病院スタッフの皆さんに心から感謝しています。そして、ウルビーノの救急医療班や、昨日お見舞いに来てくれた友人達にも感謝します。
昨日も言いましたが、できるだけ早くレースに復帰できるよう全力で頑張ります。」




(2017年09月02日『Corse di moto』記事参照)
(2017年09月02日『Gpone』記事参照)
(2017年09月02日『La Gazzetta dello Sport』記事参照)


最新『note』の無料閲覧は、ポル・エスパルガロ選手のゴール後の転倒とか、KTMファクトリーやドゥカティ・アヴンティアのシートの話など…。

早期復帰ぃぃぃぃね!

Ad & Relation Links

, , , ,

2 Responses to ロッシ退院、アラゴン復帰に向け準備

  1. kyt 2017年9月3日 at 10:54 PM #

    早い回復を祈ります。
    車いすの車輪の前輪後輪の大きさが日本と逆なので驚きです。
    イタリアでは皆こうなんですか?

  2. nav. 2017年9月4日 at 10:20 AM #

    とても大きく、限られた場所で使用しそうですね。前にあるのは自走する為でしょう。
    日本にもありますが、それも限定的な使用法のようです。

コメントを残す

 

Top