ドヴィツィオーゾ談、その2『ロレンソ到来によりドゥカティ機の現実が認識された』

Pocket

『アンドレア・ドヴィツィオーゾインタビュー』

motogp-aragon-gp-2017-andrea-dovizioso-ducati-team.jpg


★アンドレア・ドヴィツィオーゾは2008年にモトGPデビューして以来、今年初めて、本格的にタイトル争いに加わっている。

★今シーズン残り4戦、アジア・オセアニア3連戦を前にして、現在、ドヴィツィオーゾ選手は総合首位マルク・マルケスと16ポイント差で2位に就いている。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

[ 前半はこちら ]

【タイトル争いに加わっていると言うことには驚いていない…】
「まぁ、昨年までは自分が勝負に出られるとは思ってなかったですね。ただ、世間が僕を見ているような目で自分自身を見たりはしなかったけど。」

【ライダーとマシン、どちらがより変わったの?】
「マシンはほとんど変わってません。僕は変わりました。特に、計画の仕方が変わりましたね。これほど僅かなマージンで戦うとなると、些細な箇所が大きな影響を及ぼすから。」

【ドゥカティ内での評価には満足している?】
「たいそう喜んでます。今年は評価が高まってるから。ホルヘ(ロレンソ)がドゥカティに入ってきたおかげで、これまで僕が言ってもチーム内の大半がはっきりと認識しなかったような事が認められたんですよ。ホルヘが来たことで、このマシンの現実と言うものを全員が認識したんです。もちろん、そのおかげで、ライダーとしての僕の評価も高まった…つまり、現実のものになったと言うわけです。」

【契約更改の時期になったら、そう言うことを話すつもり?】
「来シーズン序盤に話し合うことになるでしょう。その時点で、僕らがどう言う状況にいるものか。確実に、ドゥカティとの交渉は去年とは違ったものになるだろうけど。」

【注目の的にならなくてもいいの?】
「ある意味、プレッシャーからは解放されますね。今シーズン序盤は、とにかくホルヘに注目が集まっていたし、僕の性格上、それはけっこうなことなんで。
他の選手だったら不都合だろうけど、僕は違うから。むしろ、ホルヘに注目が集まってくれれば、僕は自分の作業に集中できるし、実際、そうしてきたし。どこを改善できるかとかを分析しつつね。」

【こう言う展開になると予想した?】
「ええ。今年の冬季オフシーズンでは、フィジカルトレーニングを変えてみたんですよ。あと、メンタル面も今まで以上に調整できていたし。冬期テストも上手くいき、カタール開幕戦では好リザルトが取れました(※2位)。その時点で、やれるんじゃないかって思い始めて…でも、まだタイトル争いは確信がなかったです。ただ、それまでの年に比べると覚悟はできてましたけどね。」

[ 完 ]

(2017年10月09日『Motorsport.com』記事参照)


ロッシ選手の痛み止めとかの治療関係、親指ブレーキの話とかは、note無料閲覧でどうぞ!

GOGOドヴィィィね!

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top