ロレンソ『チームオーダー?見てない』2017セパンGP

Pocket

『ロレンソ:チームオーダー?見てない』

ducati-sepang.jpg


★10月29日(日)、セパンGP決勝戦でホルヘ・ロレンソ(ドゥカティファクトリー)が2位を獲得した。

★ロレンソ選手は第9〜15ラップまで首位を走行していたが、終盤コーナーで膨らみ、ドヴィ選手に抜かれた。抜かれる直前、ダッシュボードに『Mapping 8』なる謎のメッセージが送られていた。

★ドゥカティ幹部らによれば『Mapping 8』はドヴィツィオーゾ選手を前に出すよう指示するためのメッセージコードとのこと。

★ロレンソ選手のコメント。

【『Mapping 8』とは?】
「正直なところ、ミスをしないよう…ミザノの時のようにダッシュボードに気を取られて転倒してしまわないよう操縦に集中してたんで…そのメッセージについてはパルクフェルメでけっこう聞かれたけど、僕は純粋に自分のレースをしていただけです。好スタートを切り、マルケスに攻められないようにし、その後、ザルコを追いかけ…(ザルコは)柔らかめタイヤを履いてリズムを上げてくるだろうと思ってましたが、まさにその通りでした。」

【第9〜15ラップまで首位を走行していたが、ラストから2つ目のコーナーでミスをし、ドヴィ選手に抜かれていたが…】
「フロントが切れ込んで転倒しそうになりました。あぁぁ…転倒したって思い、目をつぶってしまいましたよ。そのすきにドヴィが抜いて行ったんです。彼に喰いついて行こうとしたけど難しかったですね。フロントのせいで限界ギリギリで、ゼロコンマ何秒かロスして行きましたから。」

【それ以降は慎重に、用心深く走り…】
「ドゥカティにとってタイトル獲得がどれだけ重要か分かってますから。馬鹿なことなんかしたくなかったんで。もしドヴィを攻めて、リスクなしに抜けるチャンスがあったなら、そうしたでしょう。でも、今日はけっこう無理しなければ不可能だっただろうし、90%の確率で2人とも転倒してたでしょう。
僕はモトGPクラスで44勝してきているし、ドゥカティ機で勝つのも時間の問題だって分かってますから。タイトル争いで、ドヴィとデリケートな状況になっていたことは承知してます。でも、だからと言って、それがドヴィを攻めなかった理由ではないです。」

【今回は良いレースだったし、ドライで良いセッションもあったし…】
「ヴァレンシアで使えそうなことをいくつか突き止めたんですよ。今後も使えそうだし。ドヴィツィオーゾのおかげで、ドゥカティ機が勝てるマシンなんだってことが証明されました。でも、予想以上に苦戦してしまうトラックも何ヶ所かあるでしょ。エンジン出力をもっとソフトにするよう手を入れて、コーナーでの能力を上げて行かなければね。」

(2017年10月29日『Gpone』記事参照)


ロッシ選手がミラー選手にお見舞いメッセージを送った話とか、アプリリアがお金に困ってる話しとかは、『note』無料閲覧!!

一致団結ドゥカティィね!

Ad & Relation Links

, , ,

3 Responses to ロレンソ『チームオーダー?見てない』2017セパンGP

  1. チンチラ 2017年10月30日 at 10:35 AM #

    記事どおりの印象で、ロレンソのタイヤが厳しいようにも見えた。
    そのうえで大人な判断をしたんだね。
    オーダー と聞くとピンとこないが、実際のところは「命令」・・・。
    頑張って粘って、チェッカーの直前で急減速して譲るシーンが見たかった。
    汚い世界だってところを晒け出して欲しかった。

  2. maxtu 2017年10月30日 at 10:44 AM #

    抜かれる直前に出たのなら一瞬表示が出てロレンソの集中が切れてミスしたのかな?ともとれますね

    中継で原田哲也も意味深な表示だと言ってたけどタイミングが難しいよね

    来年、逆の立場ならドヴィは同じことをしてくれるはず
    切り替えていこう

  3. ヤマハ 2017年11月1日 at 8:50 PM #

    勝ちに行っていたようにしか見えなかったんだが。

コメントを残す

 

Top