2017 バレンシアGPまとめ ドゥカティ:風聞〜イタたわGP Vol. 166

Pocket

2017-valencia-dovi-lorenzo.jpg

【2017 ヴァレンシアGPまとめ ドゥカティ】

●ヴァレンシア決勝戦を左右した4つの鍵

●ロレンソはドヴィとドゥカティの敵だったのか?
・伊モトクロス9回世界チャンピオンが怒ツィート
・あれ以上最悪のことはできない
・会見では恥知らずと糾弾され…
・ドゥカティやドヴィのために、そして、僕の優勝の可能性のために…
・ドヴィツィオーゾ「ホルヘに妨害されてない」
・ロレンソが邪魔したのならドヴィは怒ってるはず
・ダッリーニャ「我々が間違っていた」
・目標はドゥカティをベストマシンにすること

●ドヴィツィオーゾ大満足「あれ以上は無理だった…」
・世間の見る目が変わった
・最後までタイトル争いが出来るなんて誰も思ってなかった
・駆け引きせず、ありのままの自分で…
・人生最大のチャンスをふいにした?
・高額ボーナス、ドゥカティ嬉しい悲鳴

『note』の枕話は無料で閲覧
今回は、ドヴィ父の災難とか、ペトルッチ&ミラーにコーチを雇った話とか。

で、『Vol. 166』は、上記の内容で11月022日(水)発刊!

『note』11月分マガジンは5本300円(外税)!
1本で買ったら100円。
画像・映像もそのまま見られて、スマホだと特に見やすいです。
こちらはクレジットカードのほか、Vプリカ等のプリペイドカードも使用できます。


まぐまぐ』の方は、最初の1ヶ月はお試し期間で無料です!!

『まぐまぐ』の方は11月1日から30日までに登録すれば、11月分すべてが無料で読めて12月からの課金となります。

ちょっと登録してみようかなって方は、こちらの『風聞〜イタたわGP』から、お願いしますネ。
1ヶ月324円です!

『まぐまぐ』バックナンバーの購入をご希望の方は、こちらからどうぞ。
また、バックナンバーの小見出しも詳しくチェックしたい場合は、メルマガ『風聞〜イタたわGP』- インデックスが便利ですよ♡

そしてですね…
既に登録していただいてる読者さんから、時々、『まぐまぐのメルマガが届かないんですが…』と言うメールをいただくんですが…
そう言った場合は、まずメールがきちんと届くように下記を参考に設定して頂けますでしょうか。

http://help.mag2.com/000335.html#docomo

設定しても届かないと言う場合は、下記の有料メルマガ読者さんのための『専用問い合わせアドレス』に連絡をしてみてください。
平日のみの対応なんですが、まぐまぐが『対応は早く、確実』と太鼓判を押してます。

reader_yuryo@mag2.com

んでは、皆様、お楽しみに!!



風聞〜イタたわGP まぐまぐ!メルマガ版
まぐまぐ!
風聞〜イタたわGP note ウェブ版
note

Ad & Relation Links

8 Responses to 2017 バレンシアGPまとめ ドゥカティ:風聞〜イタたわGP Vol. 166

  1. kai 2017年11月23日 at 6:22 AM #

    メルマガ読みました~。チームオーダーに関してダッリーニャ総司令官とドビ選手のコメントが印象的でした。まあ私は「事情を知らない外野(マスコミ等)がガチャガチャと騒いでるわw」って思ってましたけど、それでもロレンソを擁護してくれるコメントは嬉しかったです。

    ところで管理人さん、コンストラクターズ・ランキングのヤマハとDUCATIの順位が逆になってます…。

    • La Chirico 2017年11月23日 at 9:19 AM #

      まぁ、今回は、ロレンソ選手がドヴィ選手を助けることに100%徹しないで、ちょっと優勝への欲を出しちゃったってことでイタリアメディアが怒ってるって感じですかねぇ…

      あっ、コンストラクターズの件、すぐ直しておきました。有難うございますね♡

  2. maxtu 2017年11月23日 at 1:34 PM #

    生々しい舞台裏だったんですねぇ。

    今回のチームオーダーのポイントはロレンソが無視した事では無く、チームがロレンソを信用して無かったことだと思うんですよね。
    命令ではなく勧告とは言い得て妙で、レース後のイタリアンのスポンサー、社長、スタッフ、みんなモヤモヤを抱えた姿が想像できます。

    これではっきりしたのはイタリアのDUCATIである以上、ドヴィ、ロレンソ両方とも勝てるライダーなら、心情ではドヴィに勝って欲しいと思ってそうなこと。
    まぁ、我々もHONDAで中上がマルケスと同じレベルならそう望みますしね。

    残された課題はドヴィが誰かを敵にしてまで勝利に貪欲になれるかどうか…

    • La Chirico 2017年11月24日 at 1:00 AM #

      レース後のロレンソ選手の会見が、けっこう生々しい感じでしたねぇ…
      まぁ、来年はドゥカティ内で生々しく序列問題が起きてしまうのか…

      でも、ドヴィ選手はみずから「僕は誰とでも良い関係を築こうとするタイプの人間で…」と公言してたほどだから、誰かを敵にまわすなんてことは…しなさそうですよねぇ。

      • テック21 2017年11月24日 at 1:57 AM #

        おっしゃる通り、少し欲をかいてしまったか・・というか、チャンピオンライダーだけに元々手放しで道を譲るという言葉が辞書にないんでしょうね。  擁護するコメントが多く、同意する部分も正直あるんですが、それでもねぇ。 結果的には、一位ホルヘ、二位ドヴィで、マルケスが転倒・・という偶然の中の偶然が重ならない限り、ホルヘは譲る意思はなかったんでしょうね。 引っ張っていたと言うのは、詭弁だと思います。 これも100%外れではないんですが、ドヴィに自分で戦わせるべきで、助けてやる! というのが如何にもホルヘらしい表現かと思いました。 時間が立てばたつほど、ホルヘを擁護するコメントがもっと増えて来ると思います。  あれで、マルクがリタイアして、ザルコが転倒、そしてダニをホルヘが追いつめ、ドヴィを引き連れてオーバーテイク、そして最後にドヴィに譲る・・こんなストーリーになったらものすごく美談でしたけど。。  ホルヘが来年どうなるんでしょう。。

        • La Chirico 2017年11月24日 at 3:43 AM #

          一応、ロレンソ本人もドヴィ選手をトップにまで引っ張ったら道を譲り、マルケス選手と優勝争いをさせるつもりだったと言っているから、まさにその『美談』を目指していたんでしょうけどねぇ…
          さすがに道は遠かったって感じでしょうか。
          ずっと引っ張り続けるのではなく、一度、ドヴィ選手を前に出してみて、どうしても遅いようなら、再度、自分が前に出ると言うような流れだったら理解できるが…と、ジョヴァンニ・ザマーニ記者も言ってました。

  3. テック21 2017年11月24日 at 9:07 AM #

    あ、そーですね。一旦前に出した上で、もう一度前に出て引っ張ったのであれば、それは完全にドヴィの為であると確信できますが、あの形だと、あわよくば自分が。。と言う欲が°垣間見えてしまいます。

    ただ、過去10年近くに渡る、これまでのホルヘのKY的な言動、行動を見ていると、ホルヘの行動が本当に純粋にドヴィを助けようとしていた可能性も否定できないんですよね。また、これがオーバーテイクがとても難しいと言われるバレンシアで起きていたことも影響してますよね。 唯一のオーバーテイクポイントと言われる1コーナー〜2コーナーでドヴィは遅かった。速かった箇所はとても抜きづらい場所。 そして、結果的には、ホルヘが何をしようと、ドヴィにスピードがあれば抜けたわけですし。

    沢山の what if storyがありますが、ホルヘが一旦ドヴィを前に出せば、皆気持ちよくシーズンを終えていたんです。 まあ、そこも含めてホルヘですね。擁護する方は、外からどう見えても、ホルヘの純粋さと、正直さを疑わないと思いますし、それは自分も同意します。 ただ、熱烈なファンではない自分から見ると、今回は、うーん と感じてしまいました。まあ終わったことですね〜(^^) 来シーズンの開幕を待ちます!

  4. kkk 2017年11月24日 at 11:46 AM #

    >テック21

    擁護が湧くとか言っているけどその見方字体がアンチのそれだよ。
    露骨なブロックをしてるわけでもなくそれでも抜けなくて
    ロレもドビも互いに問題がないと言ってる以上それが真実なんだわ。
    自分のこうあればいいという妄想を長文で語るのはいい加減やめれ

コメントを残す

 

Top