MotoGP

クラッチロー談その2『モトGP選手はヒーローじゃない』

『クラッチロー:モトGPにヒーローはいない』

http_%2F%2Fmedia.motoblog.it%2F6%2F6e8%2Fcal-crutchlow-motogp-2018-honda-lcr-53.jpg


★カル・クラッチロー(ホンダLCR、32才)が5月25日、ブレーシャで行われた『GIVI』のイベントに参加した。

★クラッチロー選手は2009年、スーパースポーツでタイトルを獲得し、翌2010年にスーパーバイクに昇格。
モトGPでは2011〜2013年年までヤマハテック3、2014年ドゥカティファクトリーに所属し、2015年以降は現在のホンダLCRから参戦している。

★クラッチロー選手は2016年ブルノ戦でモトGP初優勝を遂げ、同年フィリップアイランド戦でも優勝した。

★2018年はアルゼンチン戦で優勝し、総合首位にも就いたが、先のル・マン戦では予選でハイサイド転倒を喫し、満身創痍でレースに挑み、8位でゴールした。

★クラッチロー選手のコメント。

[ 前編はこちら ]

【反対に、いまいち不向きなトラックで、守りの姿勢で走るしかないサーキットもある?】
「オーストリアなんかそうっすね。あそこでは今のところ好リザルトって取った試しがないから。いま1つ、理由も分かんないんだけどねぇ。
個人的には別に悪い感じでもないし、けっこう好きな方なんだけど。ただ、好順位でゴールできた試しがないんだよねぇ。
とにかく、ここ何年かに比べたら、うちのマシンはかなり良くなってるんだから、もしかしたらオーストリアでもイケるかもね。」

【接触戦で最も脅威を感じるライダーは誰?】
「その手の状況で最も手強い相手と言えば、もう、絶対にマルケスでしょ。競り合いに関して誰よりも迷いなしって感じだから。
ただ、こっちだってアグレッシブなライダーに怖気づいたりはしないけどね。いや、むしろ、そう言うのと競り合う方が面白いから。そう言うのが相手だとどうなるか…分かってるでしょうが。
各選手、それぞれ特性もあれば、長所もあってね。例えば、ヴァレンティーノ・ロッシなんかはハードブレーキングが最強だから、その辺では常に相手は手こずってしまう。
あと、ペトルッチもいまやハードブレーキングの名手ってとこを見せてるし…ロレンソやマーヴェリック(ヴィニャーレス)が相手の時は、まぁ、他の選手と比べると『血で血を洗う戦い』って感じにはならないねぇ。
レース中はけっこう色々なシチュエーションになるから、それを見極め、走りながら上手く読み解いていく必要はありますよね。」

【クラッチロー選手の契約は2019年末までだが、来年、ホンダファクトリーからお呼びがかかる可能性はありそう?】
「人生、なにが起きても不思議はないけど、この場合、ホンダHRCからお呼びがかかるかどうかだけの問題じゃないから。この場合、うちのスタッフやルーチョ・チェッキネッロ(ホンダLCRチームマネージャー)と話し合わないと。
ただ、LCRチームは良い仕事をしてくれてるし、このチームでのこれまでの4年間のなかで今が一番良い状況なわけで…まぁ、将来的にその点は絶対に変わらないだろうって思ってますけどね。
自分の仕事はトラックに出て、各テスト、各セッション、各レースでできるだけ速く走ることであって…そう言う点では、今のチームと一緒にビッグリザルトが取れてるわけだ。ただ、イマイチ安定はしてないけどね。とにかく、これはレースの話だから。こっちは強い走りができるって思ってるんだし、あとは何が起きるのかって話っすよ。」

【では、最後の質問。2輪レース及びその他で、子供の頃、大好きな選手はいた?】
「そう言うのはなかったっすねぇ。」

【では、自分にとってのヒーロー選手とか…】
「それも特に…」

【では、子供の頃、憧れてた人物とかは?】
「あの、まぁ、自分がこの仕事についてどう思ってるかって言えばねぇ…僕らライダーのことをヒーローだと思ってくれる人達もいるわけだけど、実のところ、全然ヒーローなんかじゃないから。
オートバイでもの凄く速く走ることができるから、ヒーローだって思ってしまう気持ちは良く分かるけど、例えば、自分は貴方の仕事はできないわけで…多くの人達が僕らの仕事ができないようにね。
つまりだ、子供の頃、自分はTVでミック・ドゥーハンとかヴァレンティーノ・ロッシのレースを観ていて…まぁ、それは当たり前のことでね。当時、勝ちまくってたのは彼らなんだから。
あと、マンチェスター・ユナイテッドの試合に夢中になったりもしてたけど、その後、大人になってからは、諸々の現実ってやつに気づくわけっすよ。
だから、自分ら2輪選手を言い表すのに『ヒーロー』って言葉は使わないだろうね。」

【今でもマンチェスター・ユナイテッド等のサッカー試合を観てる?】
「あぁぁ…それはねぇ、話が長くなるから。次回のインタビューにした方が良いんじゃないの。」

[ 完 ]

(2018年05月27日『Motoblog』記事参照)


カル・クラッチロー入院:クリニカモービレ日誌は 無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”483545586X” locale=”JP” title=”仮面ライダー and more フェイクチラシ コレクション”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. ジャック より:

    うん確かにヒーローとは程遠い
    バイクの操縦が異常にうまいだけのこと

    言ってる事とかはほとんどそこらの小僧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP