MotoGP

ロッシ『気温が下がれば戦闘力が上がるだろう』2018シルバーストンGP

『ロッシ:気温が下がれば戦闘力が上がるだろう』

rossi (13).jpg


★ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が8月24日(金)、シルヴァーストン戦FP1で2位、FP2で8位だった。なお、FP総合も8位。

★ヤマハ機は同トラックでは戦闘力が高く、気温が下がると有利になる模様。ただし、雨天の場合は予想がつかない(※日曜レースは、ほぼ雨の予報)。

★ロッシ選手のコメント。

「トラックが良い働きをしてくれて…ここのトラックの特性は、うちのマシンと相性が良いんですよ。一方、オーストリアは最悪でね。
ここを走るのは最高ですよ。マシンは強い走りをしてくれるし。まぁ、今日の午後は色々と試してたんだけど…上手く行きましたよ。マシンがソフトな感じになったから。
スピードは出てるんですが、ただ、去年もそうだったんですよね。でも、去年は失速してしまい、僅差で3位だったんです。
目標は優勝か表彰台です。でも、終盤ラップがどうなるか…。ドゥカティ組にホンダ組、そして、ヴィニャーレスもいるでしょ。」

【気温が下がったら、ヤマハ機の問題点がカバーできるとか?】
「それも助けになってます。うちはタイヤをオーバーヒートさせがちだから、寒いと有利なんです。」

【強風は障害になる?】
「けっこうね。ここは高速コースだし、路面は陥没だらけだから難しいんですよ。T4セクターに続く直線コースで、強風が障害になってしまう地点がいくつかあるんで、ウィリーしないようマシンのポジション関連で作業していかないと。あと、身体に風が当たらないようにね。
ただ、シルヴァーストンは常に強風だから…去年は別でしたけどね。」

【日曜は雨の予報だが…】
「僕は基本的にドライレースが好きなんだけど、ここは特にそうですね。オーストリアなら雨でもOKだけど、ここは戦闘力が高いって分かってるわけだから。やっぱり、ドライが良いですねぇ。
ウェットになってしまったら先が見えなくなってしまうから、日曜は9時から…せめてウォームアップから降ってくれたら良いんですけどねぇ。一度もウェットなしでスタートしてしまったら…どうなるでしょうかねぇ。」

【弟ルーカ・マリーニ選手は、モト2チャンピオンになれると思う?】
「ここ最近のルーカは凄いんですよねぇ。まぁ、でも、そう言う話はちょっと時期尚早かな。でも、ないってことはないでしょ。
どれだけ集中でき、どれだけ伸びていけるかによりますね。とにかく、ここ3戦は凄かったから。」

【ルーカ選手がタイトルを取れるなら、ロッシ選手は10回目タイトルが取れなくても良い?】
「それはないです!」

(2018年08月24日『Moto.it』記事参照)


ロッシ選手が新たに子犬を飼い始めました!
詳しくは、こちらでどうぞ。

【2018オーストリアGPまとめ その2 ヤマハ&スズキ、アプリリア】[ 2018年8月22日 発行 Vol. 200

●ヴァレンティーノ・ロッシ
・みごとな追い上げで最大限のポイントを獲得
・総合2位を死守できるのか?

『note』の『Vol. 200』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』08月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』07~09月分季刊号マガジンは12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!

[amazonjs asin=”B0166KM26C” locale=”JP” title=”ナノブロック ゴールデンレトリバー NBC_168″]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP