MotoGP

ティト・ラバト、気胸で回復遅れる

『ラバト:気胸で回復遅れる』

tito-rabat.jpeg


★ティト・ラバト(ドゥカティ・アヴィンティア)が8月25日(土)、シルヴァーストン戦FP4で転倒後、同じく転倒したフランコ・モルビデッリのマシンに衝突され、右足の腓骨・脛骨・大腿骨を骨折した

★ラバト選手はコヴェントリー病院へヘリコプター搬送され、同日夜に緊急手術を受けた。その後、バルセロナの『Clinica Dexeus』に移送され、ミール医師の診察を受けた。

★ミール医師の診察の結果、右足の骨折のほか、気胸(肺から空気がもれて、胸腔にたまっている状態)を患っていることが判明した。また、膝も脱臼している。

★ラバト選手は骨折の手術後すぐに立ち上がっていたことから短期間での快復が見込めるものと思われていたが、近々、気胸手術も受けなければならない。

★9月3日(月)12時30分、『Clinica Dexeus』でラバト選手やミール医師らによる会見が予定されており、今後のリハビリや回復期間などについて言及される模様。

★ドゥカティ・アヴィンティアチームではラバト選手の代役ライダーを探しており、先日、エクトル・バルベラにオファーを出したところ断られた

(2018年09月02日『Gpone』記事参照)
(2018年09月02日『Corse di moto』記事参照)


ラバト選手の転倒事故を間近で目撃したペトルッチ選手が、その時の状況を詳しく語っております。
「生身の人間に時速200キロでモトGP機がぶつかるなんて…」と。
詳しくは、こちらでどうぞ。

【2018シルヴァーストンGP雨天中止まとめ その1】[ 2018年8月31日 発行 Vol. 201

●レース中止は誰が決めたのか?
●怒ドゥカティ、会合開催に連絡もれ
●ミラーだけがレース中止に反対したのか?
●月曜に順延は不可能だったのか?
●ラバト事故がなかったらレースは開催したのか?

『note』の『Vol. 201』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』08月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』07~09月分季刊号マガジンは12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!

[amazonjs asin=”B07BD27MB6″ locale=”JP” title=”住友ベークライト8-2957-01気胸セットMD-86135”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP