Moto3 category

2019 アルゼンチンGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】



『2019 アルゼンチン モト3 決勝トピックス』

★3月31日(日)、アルゼンチン戦 モト3クラスの決勝が行われた。

★雨雲ありの曇天。

★総合順位は1位トバ(31ポイント)、2位ダッラ・ポルタ(29ポイント)、3位マシア(25ポイント)。

★首位ジャウメ・マシア(KTM、Bester Capital Dubai)。ポール・トゥ・ウィン。モト3キャリア初優勝。冬季中、片足を負傷していた。
マシア選手のコメント。
「今日は僕もチームも、頑張った作業が具体的な結果につながりました(嬉涙)。」
チームメイトのアンドレア・ミーニョは11位(VR46ライダーズアカデミー)。

★2位ダリン・ビンダー(KTM、CIP、ブラッド弟)。グリッド20位から追い上げ。無理な走行でライバル陣の顰蹙(ひんしゅく)を買っていた。
ビンダー選手のコメント。
「今週末、2回転倒してしまって…でも、ペースが良いってことは分かってました。優勝したかったんですけどねぇ。とにかく、また頑張ります。」
チームメイトのトム・ブース・アモスは18位。

★3位トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)。最悪スタートから追い上げ。モト3キャリア初表彰台。昨年、同GPでPP獲得。
アルボリーノ選手のコメント。
「ヘトヘトだけど満足です。」
チームメイトのロマーノ・フェナーティは16位(昨年はモト2参戦)。柔らかめタイヤで賭けに出たが失敗。

★4位ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、SIC58、VR46ライダーズアカデミー)。
チームメイトのタツキ・スズキは13位。

★5位アユム・ササキ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)。
チームメイトのジョン・マクフィは21位。

★6位ガブリエル・ロドリーゴ(ホンダ、グレジーニ)。第4コーナーでスリップ転倒。アルゼンチン人だがバルセロナ生まれ。
ロドリーゴ選手のコメント。
「ビンダーがカミカゼ走行だってことは有名だから。まぁ、前に目を向けますよ。とにかく、貴重なポイントは獲得できたから。」
チームメイトのリッカルド・ロッシは22位(ルーキー)。

★7位ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)。
チームメイトのマルコス・ラミレスは9位。

★8位デニス・フォッジャ(KTM、VR46)。グリッド22位から追い上げ。
チームメイトのチェレスティーノ・ヴィエッティは14位(ルーキー)。

★10位カイト・トバ(ホンダ、ホンダチーム・アジア、総合首位)。
チームメイトのアイ・オグラは17位(ルーキー)。

★12位アロン・カネ(KTM、マックス・レーシング)。カネ選手は昨年、同GP2位。なお、同チームはマックス・ビアッジが率いており、今年初参戦。

★15位ラウル・フェルナンデス(KTM、アンヘル・ニエト)。

★23位カズキ・マサキ(KTM、BOE Skull Rider Mugen Race)。

★26位ジャン・オンジュ(KTM、KTMアジョ、最下位)。転倒。

★レース中盤、ロペス/トバ/マクフィは接触し、ロペスがリタイヤとなりメディカルセンターに搬送された。マクフィ選手は同事故の原因について調査の対象となっている。。

(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)

『2019 アルゼンチン モト3 決勝リザルト』



『2019 アルゼンチン モト3 総合順位』


created by Rinker
¥2,970
(2019/11/13 23:12:56時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP