Moto3 category

2019 ヘレスGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】

『2019 ヘレス モト3 決勝トピックス』

★5月5日(日)、ヘレス戦 モト3クラスの決勝が行われた。

★総合順位は1位カネ(58ポイント)、2位アントネッリ(57ポイント)、3位マシア(45ポイント)、4位トバ(41ポイント)、5位ダッラ・ポルタ(40ポイント)、6位ヴィエッティ(36ポイント)。

★首位ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、SIC58、VR46ライダーズアカデミー)。3年ぶりの優勝。
アントネッリ選手のコメント。
「現在の心境は…もう、なんて言っていいのか…最高です。レース中盤、接触のせいで後ろに下がってしまい、でも、スピードは出てました。ペースが良かったおかげで、また前に出て行けて優勝できました。
とにかく、特別な瞬間ですね。チームにとっても特別でしょ。初優勝&初1〜2位ダブル獲得なんだから。」
チームメイトのタツキ・スズキは2位。世界選手権キャリア初表彰台。
スズキ選手のコメント。
「ハードブレーキングで自信があって…第6コーナーは特にありました。前に出るよう頑張りました…ここでは重要ですからね。ミスって、結局、トラクションが落ちてしまって。でも、表彰台目指して全力を尽くしました。」
同チームの初優勝&初1〜2位ダブル獲得。
故マルコ・シモンチェッリは同トラックで初優勝した(2004年125cc)。

★3位チェレスティーノ・ヴィエッティ(KTM、VR46、ルーキー)。
ヴィエッティ選手のコメント。
「もう、オーバーテイクだらけで。最高の週末になるなんて考え難かったですね。スタートは悪かったんですが、その後、徐々に追い上げていって…今日のマシンは本当に完璧でした。」
チームメイトのデニス・フォッジャは16位。ロング・ラップ・ペナルティ。

★4位アロン・カネ(KTM、マックス・レーシング、総合首位)。マックス・ビアッジチーム。

★5位アルベルト・アレーナス(KTM、アンヘル・ニエト)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは転倒リタイヤ。上位争いの最中、ラスト4周の第6コーナーでガルシア選手と接触。

★6位カイト・トバ(ホンダ、ホンダチーム・アジア)。
チームメイトのアイ・オグラは9位(ルーキー)。

★7位ヤコブ・コンフェイル(KTM、Redox PruestelGP)。
チームメイトのフィリップ・サラックはリタイヤ(ルーキー)。

★8位ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)。ミスが多かった。
チームメイトのマルコス・ラミレスは23位。ラスト数周、2位争いの最中に転倒。

★10位アンドレア・ミーニョ(KTM、Bester Capital Dubai、VR46ライダーズアカデミー)。
チームメイトのジャウメ・マシアは序盤で転倒リタイヤ。

★11位ダリン・ビンダー(KTM、CIP、ブラッド弟)。

★12位ジョン・マクフィ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)。
チームメイトのアユム・ササキは15位。

★13位カズキ・マサキ(KTM、BOE Skull Rider Mugen Race)。
チームメイトのマカール・ユルチェンコはリタイヤ。

★14位アロンソ・ロペス(ホンダ、エストレージャ・ガリシア)。
チームメイトのセルジオ・ガルシアはリタイヤ(ルーキー)。

★17位トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)。ロング・ラップ・ペナルティ。
チームメイトのロマーノ・フェナーティはリタイヤ(昨年はモト2参戦)。ラミレス転倒に巻き込まれた。

★18位ジャン・オンジュー(KTM、KTMアジョ)。

★その他のロング・ラップ・ペナルティはリッカルド・ロッシ。

★その他の転倒はガブリエル・ロドリーゴ。

(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)

『2019 ヘレス モト3 決勝リザルト』



『2019 ヘレス モト3 総合順位』



POSTED COMMENT

  1. happyone より:

    タツキ良かった!
    優勝争いしてての二位だからね
    実力も十分!今シーズン中に国家聞かせてくれるよね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP